fc2ブログ

記事一覧

恐るべしは化学兵器

ヤフーさんが緊急速報「ゲリラ攻撃」を誤発信した。
たいした騒ぎにならなかったのはヤフーさんの限界か・・・・

1995年3月のオウムさんの地下鉄サリン事件がその良い例だ。
サリンをぼり袋に入れて床に置き、傘の先を尖らせたので突いたのだ。
大体、忘れられているが、その無差別な攻撃に大騒ぎになった。
原因が分からないのだが、大宮の化学学校から「サリンではないか」と聖路加病院に
連絡が行き、それでもかなり早く対策ができた。

でも攻撃側は新たな手を考えて実行しようとするだろう。
サイバー攻撃に比べたら、物理的な被害は図りしれない
thumbnail (4)

コロナは生物兵器で意図せずもれた、と言う説は消えつつあるが、化学兵器の
怖いとこをは、異なる物質を現場で組み立てることができる点だ。
画像は帝国陸海軍の防毒意被だが、防毒面の耐用時間が世界一長い、75時間だそうだが、
それほどの性能でなくても火災などにも有効だ。配備が一般的になればよい。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Shigeo Sugawa

Author:Shigeo Sugawa
日本の武器兵器史の研究者、陸上自衛隊武器学校資料館アドバイザー。
目まぐるしく変化する国際情勢、その中で日本が対応する未来への策、安全保障を政治、経済、社会、報道などを多角的に分析する。
また趣味の狩猟、渓流釣りと自然、環境問題。そしてアート、音楽、歴史など文化面をも・・・その思うところを紹介したい。


現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ