fc2ブログ

記事一覧

文久元年のロシア対馬不法占拠

1861年2月にロシア艦、ポサドニック号が対馬、芋崎に停泊、兵舎、工場、練兵場などを
建て、約半年間、やりたい放題をした事件だ。

もし対馬藩が武力を使ったら、戦闘となり本格的に対馬はロシア領になっていたかも
しれない。ロシア兵は木材、牛馬、食料、薪炭を略奪し、遊女の派遣を要求したそうだ。

英国艦隊が出動してことなきを得たが英国に幕府は借りが出来た。
十分な防衛力がなければこういうことは帝国主義時代、世界のあちこちで起きていた。
10年後、日本はようやくこの程度になったが・・・PB050042.jpg

ソ連の時代は共産主義者がやったで済むが、どうもロシアは基本的に論理や外交より、武力でウクライナ問題野望を果たすと言うのが国策のようだ。残念だが。

今回のウクライナ問題。果たしてロシアはことを起こしたが、勝算は何か?
まだ武力が国際問題解決手段なのか?
それとも経済的な制裁で世界を不況に巻き込みながら、自滅するのか?
誰しも判断はつかない。
日本はロシアの隣国であり、さらに北方領土問題がある。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Shigeo Sugawa

Author:Shigeo Sugawa
日本の武器兵器史の研究者、陸上自衛隊武器学校資料館アドバイザー。
目まぐるしく変化する国際情勢、その中で日本が対応する未来への策、安全保障を政治、経済、社会、報道などを多角的に分析する。
また趣味の狩猟、渓流釣りと自然、環境問題。そしてアート、音楽、歴史など文化面をも・・・その思うところを紹介したい。


現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ