fc2ブログ

記事一覧

ロシア軍砲撃の不発弾

憶測どおり、原発がロシアのウクライナ侵略のひとつの山場になってきた。
ロシアにとって、原発は彼らの商品、石化燃料の競争相手であることに間違いないが・・
しかしこれを安全に停止させることはほとんど不可能、ならば核兵器に代わる兵器にしようとするのが
目論みか?
IAEAのグロッシ委員長が自らスタッフを連れて乗り込むというので、事態は動いた。
本当に彼らが原発に入り込んだがこれは大ごとだ。

ロシアはウクライナが砲撃していると言うがウクライナにその理由はない。砲撃で損傷してら大変な
ことになる。東欧やトルコ、何よりもロシアと衛星圏にも放射能被害は広がる。
cecee051.jpg

ロシアの砲撃は周りの建物や送電線を狙い脅かしているという説もある。
不発弾がその理由だ。多すぎると
この4枚の羽根が広がったものは滑腔砲のものだろうが、信管とか炸薬が入ってなかったのかも
しれない。複数あったそうだ。
本当に爆発したら大変だからか?
それにしてもミサイルも含め、ロシア軍の兵器は不発が沢山ある。後が大変。

現在の戦争の動きは謎が多く、危険は計り知れない。
原発の動向いかんではこの戦争は大変な局面になる。
スポンサーサイト



コメント

No title

>この4枚の羽根が広がったものは滑腔砲のものだろうが、
うーん、私には滑腔砲弾のようには見えません。
安定翼や弾体の形状からすると、自走多連装ロケットから発射されたロケット弾ではないでしょうか。БМ-27のものによく似ているように思います。

Re: No title

その通りでしょう。なぜ不発弾の多くの画像が存在するのでしょう?

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Shigeo Sugawa

Author:Shigeo Sugawa
日本の武器兵器史の研究者、陸上自衛隊武器学校資料館アドバイザー。
目まぐるしく変化する国際情勢、その中で日本が対応する未来への策、安全保障を政治、経済、社会、報道などを多角的に分析する。
また趣味の狩猟、渓流釣りと自然、環境問題。そしてアート、音楽、歴史など文化面をも・・・その思うところを紹介したい。


現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ