fc2ブログ

記事一覧

ミサイル整備が日本国防の要

中国の覇権主義、北朝鮮の核ミサイル、ロシア情勢など日本を取り巻く環境の深刻さにようやく
一部の人が気が付いて、防衛費を増額し、国防力の増強と言う機運が高まってきた
具体的に、いろいろなご意見を拝聴すると、どうも日本国防の要はミサイル力だ。

残念ながら私はミサイル分野の専門知識がない。
1年ほど前からミサイル戦力に関心があり、HP日本の武器兵器への寄稿をお願いしたが、
果たせなかった。くやしいが。でもミサイル時代の実感はとらえていた。
issile.jpg

さて、日本の国防力、陸、海、空、すべての分野でミサイルが装備の表舞台に出るが、ここで問題なのは
専守防衛の概念だ。ミサイル発射は瞬時の対応と反撃攻撃力が鍵。
憲法改正しなければ、ミサイルの実力は出ない。
そこで問題なのは絶対平和主義者の公明さんだ。
「諸葛コウメイ」さんもここで意識を変えなければ国賊だ。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Shigeo Sugawa

Author:Shigeo Sugawa
日本の武器兵器史の研究者、陸上自衛隊武器学校資料館アドバイザー。
目まぐるしく変化する国際情勢、その中で日本が対応する未来への策、安全保障を政治、経済、社会、報道などを多角的に分析する。
また趣味の狩猟、渓流釣りと自然、環境問題。そしてアート、音楽、歴史など文化面をも・・・その思うところを紹介したい。


現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ