fc2ブログ

記事一覧

サイレンの音が年末を

ここのところ救急車、
消防車、その他サイレンを鳴らす車がひきりなしに聞こえているような気がする。
コロナ全盛の時がそうだったが。

冬至が近く夜が長いためにそう感じるのか・・・
ambulance01.jpg

近くの大きな交差点で3方から救急車が接近してきたことがあった。
消防庁も大変だ。

隣人が亡くなっていた。孤独死で1週間、気が付かなかったが、親族が連絡が付かないと警察に依頼した
らしい。冬になり、私もその方向の窓のカーテンを閉め切りにしていたので気が付かなかった。
60代、女房も子も孫もいない穏やかな人だった。気楽な人生とそーゆー生き方は男女ともに一般的らしいが・・・
覚悟が必要だろう。1週間、死んで床に横たわるのは・・

福島の山奥でもひとつの事故に救急車が3台、様々の方向から来たが、自損、警察が来ないので、ケガした
運転手は車から出られなかったようだ。気の毒に。
気楽な生き方もなかなか世の中思いとおりにはならないようだ。




スポンサーサイト



コメント

No title

j毎日とおりますが 都かい゛手問題なのはサイレンが反響して どちら方面から来るか分からない事 信号に緊急車両接近方法の掲示版を設けるべき 川崎のバス停のように前のバス停にバスがきましたと表示されますので

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Shigeo Sugawa

Author:Shigeo Sugawa
日本の武器兵器史の研究者、陸上自衛隊武器学校資料館アドバイザー。
目まぐるしく変化する国際情勢、その中で日本が対応する未来への策、安全保障を政治、経済、社会、報道などを多角的に分析する。
また趣味の狩猟、渓流釣りと自然、環境問題。そしてアート、音楽、歴史など文化面をも・・・その思うところを紹介したい。


現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ