fc2ブログ

記事一覧

元自衛隊幹部に聞く「ウクライナ」

昨日はコロナの合間と言うことで、元自衛隊幹部約2名と会食した。
二人とも私よりはかなり若い人たちだ。

様々な話題について意見を交換したが、ウクライナは機動作戦、制空権などと携帯ミサイル関連で
以下のようなことを言われていた。
今年2月、ウクライナに侵攻する直前のロシア軍の行動は不可解だった。
訓練と称して走り回り、そのまま侵攻したが、これは常套ではない。
間を置いて、様々な細かい準備をすべきだった。初期の侵攻においてジャベリンなど携帯ミサイルの威力は
顕著だった。
同じく携帯ミサイルスティンガーは識別が問題だが、ウクライナ軍は飛ばない状況では圧倒的のロシアは不利。
ロシア軍は1年ほど前は脅せばウクライナは墜ちると言う認識だったのだろうが、
これは日本についても言えるが戦える力を持ってなければ、誰も助けてくれないと言うことだ。

来年予定のロシアの侵攻、機材がないので、うまくは行かないだろう。
また兵員を何カ月も前線にとどめて行くわけにはいかず、このままでは戦える熟練した兵員を失うばかりだ。

しかしこの戦争は長引くと。thumbnail (2)
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Shigeo Sugawa

Author:Shigeo Sugawa
日本の武器兵器史の研究者、陸上自衛隊武器学校資料館アドバイザー。
目まぐるしく変化する国際情勢、その中で日本が対応する未来への策、安全保障を政治、経済、社会、報道などを多角的に分析する。
また趣味の狩猟、渓流釣りと自然、環境問題。そしてアート、音楽、歴史など文化面をも・・・その思うところを紹介したい。


現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ