fc2ブログ

記事一覧

岸田ウクライナ訪問の奇跡技はあるか?

岸田さんはこのところ、国内政治が忙しくてウクライナに行けないなー、行かない言い訳行動が多くないか?
国会は重要であのガーシーさまも出て来るし、30秒でも離れることは出来ない。まずはジェスチャーか?外務大臣をG20に行かせなかった。

ウクライナに行くとなると、国会の承認、手土産の援助、持っていける武器兵器は〇禁だ。
身を守るに自衛隊法もあるなどと否定的要素を野党より先に言っている。

本日、鶴岡 路人先生に聴いた。
先生は官邸に「こと」を図る能力が欠如しているとした。
米国と比較は出来ない。でもバイデンさんは行った。これには驚いた。
また岸田さんの場合は予定をあらかじめ公表して行ったらどうかとも。彼の命を狙う価値はロシアにはない
が、ゼレンスキーさんは岸田さんの予定で居場所が分かり狙われる危険がある。
0216jpg.jpg

しかし岸田さん、盛んに国内的にウクライナに行かない言い訳をしてもG7には通用しない。
鶴岡先生は、岸田さん、開き直って、G7議長国の立場でウクライナ訪問を企画したらどうかと・・・そしてゼレさんをG7広島に招待するのだ。(これは私の意見)

岸田さんは度胸がなく、官邸は能力がない、と言うことで日本国は、この国際緊張下、本当に情けない。
ホッカイローもようやくNPOが3万個、停電で苦しむ民間人用に発送したそうだ。地上の兵士が弾薬装填に助かるものだが。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Shigeo Sugawa

Author:Shigeo Sugawa
日本の武器兵器史の研究者、陸上自衛隊武器学校資料館アドバイザー。
目まぐるしく変化する国際情勢、その中で日本が対応する未来への策、安全保障を政治、経済、社会、報道などを多角的に分析する。
また趣味の狩猟、渓流釣りと自然、環境問題。そしてアート、音楽、歴史など文化面をも・・・その思うところを紹介したい。


現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ