fc2ブログ

記事一覧

それでも怖い巨大地震

日本国にとって核ミサイル攻撃と同じくらい怖いのが予測される南海トラフ巨大地震の発生だ。
311東日本がかすむほどの規模だそうだ。しかも全面に大都市がある。

NHKさんがこの頃、熱心に番組やドラマまで製作して、東日本12周年に合わせているが、
反って緊張感はない。最後はめでたしと助かるからだ。

nankaijpg.jpg

内閣府の推定では32万人が災害で死亡、7万人が関連死、大変な被害だ。
でも地震発生のメカニズムが分かっていても地震警報は30秒前に出れば御の字と言う有様。科学の無力を感じる。
核ミサイルも予知不能だが、大規模自然災害は人間の命を奪うだけでなく、国民や社会を長期にわたり
弱らせる、東日本で分かるように、これは日本国にとり致命的だ。国や政府はそうならぬ、強靭化を
さらに進めて欲しいが・・

起きたらどうするが重要だそうで、潰れない建物にいる、火事を出さない、津波から逃げる、助け合う
など言うがノー天気な国民はパニックに陥るだけかもしれない。

クジラが川を遡上する、イワシの大群が海岸に押し寄せる、火山活動がおかしいなど、
いろいろ自然現象の異常がニュースになるが、地震発生を結びつけると非科学的と非難される
そうだが、じゃお前、いつ起きるか予知しろよ、と言いたいところだ
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Shigeo Sugawa

Author:Shigeo Sugawa
日本の武器兵器史の研究者、陸上自衛隊武器学校資料館アドバイザー。
目まぐるしく変化する国際情勢、その中で日本が対応する未来への策、安全保障を政治、経済、社会、報道などを多角的に分析する。
また趣味の狩猟、渓流釣りと自然、環境問題。そしてアート、音楽、歴史など文化面をも・・・その思うところを紹介したい。


現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ