fc2ブログ

記事一覧

オオカミ少年論だった少子化

先週、「未来年表」の河合 雅司さんの講話を聴いた。
岸田さんの異次元の少子化対策よりずっと以前より河合さんは日本の少子化問題に警鐘を鳴らし続けて
来た

私も何度かこのコラムで書いたが、果たして政府の策は効果があるのか?この疑問。
河合さんは「岸田さんの政策は無意味」としていた。

日本の人口統計論の各種データはほとんど正しいだろう。このままでは人口は着実に減少する、その全体的な
問題だけではなくて、バランスが最悪となると言う事実がある。
現在、東京都の勤労人口平均年齢は50歳だそうで、圧倒的に若年労働者が不足している。
この傾向は全国的にますます強くなる。
高齢化と言っても、毎年90万人が亡くなり、構成は圧倒的にひとり暮らしのばあちゃんとなるそうだ。sugamojpg.jpg
ばあちゃんの原宿マーケティングが主流になるか?

何よりも、岸田さんは子育て支援を大黒柱に掲げているが、出生率が上がっても人口は増えないそうだ。
なぜなら子供を産める女性がどんどん少なくなるからだ。
子供が産める期間を長くするとか開発何らかの科学医学的大発見や技術開発ではないかと感じたが。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Shigeo Sugawa

Author:Shigeo Sugawa
日本の武器兵器史の研究者、陸上自衛隊武器学校資料館アドバイザー。
目まぐるしく変化する国際情勢、その中で日本が対応する未来への策、安全保障を政治、経済、社会、報道などを多角的に分析する。
また趣味の狩猟、渓流釣りと自然、環境問題。そしてアート、音楽、歴史など文化面をも・・・その思うところを紹介したい。


現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ