fc2ブログ

記事一覧

国民大多数が無関心な憲法改正

日本は国として硬直的な局面になっていると感じる。
政治、社会、経済、学問、文化などなど。
その一例が、
多くの人々、政治家ですら出来ることなら自分の生涯は憲法改正に関わらずに終わりたいと思っているのではないか?
その理由は憲法改正を唱えると、一般人ですら思想的におかしい、戦争主義者なのではないか?と
疑われ社会的疎外感を覚えるからだろう。

日本国憲法、第9条が誤解されているのだ。
現に安全保障3原則などは閣議決定されているではないか・・
日本の戦争放棄は国際問題を戦争で解決しないと言う精神だから、軍備を保持しようが何も問題なし。
しかし戦後教育は戦争は仕掛けられても抵抗しない、侵略者が万が一来ても占領されればよいと言う極端論を日本人の頭に刷り込んだ。メディアがそれを増幅した。
もとより中国や朝鮮、ロシアも良い国だと。

ウクライナをみれば、自ら侵略者と戦う意思がなければ誰も助けてくれないことは明らか。
武器輸出三原則や核武装も法律で解決できる。
全て戦争に加担するのは憲法違反と世論はしているがおかしい。
ロシアをみれば明白だ。国際問題、善意だけの勢力はない。
日本に日米同盟がなければ北半分はすでにロシア領になっていたかもしれない。

tora).jpgようやくウクライナにトラックだけは
供与できた。

せめて日本の与党だけでも現実に即した議論を進めて欲しいが・・公明さんは憲法改正した多様性を高めるとか
寝ぼけている。


スポンサーサイト



コメント

No title

公明はダメでね 統一教会と一緒では

No title

ほんとに無関心 狂党のように タダ9条があるからと
今の日本人に ウクライナ人のような覚悟勇気愛国心が有るかが問題  当方ブログに転載させて頂きました

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Shigeo Sugawa

Author:Shigeo Sugawa
日本の武器兵器史の研究者、陸上自衛隊武器学校資料館アドバイザー。
目まぐるしく変化する国際情勢、その中で日本が対応する未来への策、安全保障を政治、経済、社会、報道などを多角的に分析する。
また趣味の狩猟、渓流釣りと自然、環境問題。そしてアート、音楽、歴史など文化面をも・・・その思うところを紹介したい。


現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ