fc2ブログ

記事一覧

栗山 秀樹監督の話を聴いた

我が知り合い、高橋 治之のニュースに最近接しない。元気なのか、どうなのか。
アオキさんの執行猶予の厳しさをみると彼は実刑を喰らうだろう。

先週、WBCの英雄の話を直接聴いた。前の方のテーブルだったので、数ⅿのまじかで。
テレビで観るよりずっといい男だった。顔が。WBC選手内では小柄を見えたが背もすらっとしている。
カレーのイチローくらいか、なぜ肩だ。

WBCは興行的には大成功だった。コロナも収束に向かい声出しが出来たし。
彼のチーム創りの裏話は報道には無かったことも含み、とても面白かった。
ショウヘイは織り込み済だったが、ダルが来るか来ないか、ヌートーバーやその他の選手の編成。
彼が嬉しかったのは若手投手たちがダルの元でパソコンで勉強している姿
(画像があった)
ダルがMLBの打者のデータを持ってきて一人ひとりのことを教授したらしい。そして夜は1000万円くらい使ったと。ダルが如何に金持ちでも自分の次のステップを考えていたと感じた。

ヌートーバーは人間的な魅力があったと。ゲンちゃんの骨折。村上の不調。
村上の一発の馬鹿当たりを見る限り、運の要素は大きいが。監督は出すと信じてたと
thkurijpg.jpg

コーチや選手たちとのコミニケーションは心理戦で、本音を本音として言わないから言いたいことを察する技術が重要。
精神論になるが、「出来るか出来ない」より、「やるかやらない」方を取るのがスポーツだと。ショウヘイが代表例だが、「頑張れ」より「楽しい」主義者だと。
つまり野球が好きだから、知恵や工夫が出ると言う原則論だがスポーツは「好き」が一番。
と言っていた。
スポーツを「金儲け」と考える奴ら、タコ橋もそうだが、サイテー。
スポンサーサイト



コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Shigeo Sugawa

Author:Shigeo Sugawa
日本の武器兵器史の研究者、陸上自衛隊武器学校資料館アドバイザー。
目まぐるしく変化する国際情勢、その中で日本が対応する未来への策、安全保障を政治、経済、社会、報道などを多角的に分析する。
また趣味の狩猟、渓流釣りと自然、環境問題。そしてアート、音楽、歴史など文化面をも・・・その思うところを紹介したい。


現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ