fc2ブログ

記事一覧

米国大統領選の論点が徐々に・・

あんなもの、まだ続いていたのかが、米国の「アファーマティブアクション」だ
黒人に下駄を履かせる制度。さすがに大学を支えるスポンサーが声を上げて、ハーバート大学訴訟では
最高裁が違憲とした。当たり前だ。個人の才能や努力を否定していたのだから。45年間掛かった。
言い過ぎるかもしれないが、延長線上に「白人が黒人を殺せば大変な騒ぎだが、黒人が白人を殺しても日常」、と言うような
社会風土だ。(フロイドの事件だ)
どこから来たのか?
米国をどんどん弱わらせて来た。
バイデンのジジィが最高裁判決に大反対としていたが、どうなんだろう。社会に対して論理的に証明できることなのか?

LGBTも多分にその傾向がある。5ba2.jpegこの人たちが米国を弱体化させているのでは・・

最近は彼らはいつも虐げられているが正しい人々だの社会風土は行き過ぎていた。

他の国のことだ、どうでもいいじゃないか?と言う意見もあるが、日本と米国の今の関係を考えたら、
米国がまっとうな国でなければ困る。

そして正しく背景を伝えよ、日本メディア。
下駄を履かされて喜んでいるのか黒人たちの意見も。
スポンサーサイト



コメント

バカにされるでしょう

マイノリティを差別しない、というのは賛成しますが、黒人には下駄を履かせて合格、というのは

1.暗に「こうしてあげなきゃ合格できる訳ないでしょHAHAHA」とバカにしているのと同じ。
2.下駄履きの「実力」なので高確率で落伍するのでは?さすがに45年やっていればデータは揃っているはずですが、落伍率はどうなんでしょうか?
落伍率が高ければやはり「所詮黒人は(以下略)」となりバカにされます。

やはりおかしな制度いじりでなく、平等でなく公平を目指した正攻法でないと真の差別なき世の中にはならないでしょう。
リベラルな連中がなんでこんな当たり前がわからないか、わからない。
バカではないはずなのですが、実はバカなんでしょうか?

追加

3.本来合格したはずなのに不合格にされた方がおられるかもしれません。
性格によっては黒人を深く憎むようになり、ついには凶行におよぶかもしれません。
そうなると無駄に不幸を招いたことになります。

昨今のLGBTQの方々への扱いもこの「下駄履き」臭くなってきているので、いかがなものかと思います。
当事者が言うのだから間違いニャイです。(ネコ好きなのでつい)

No title

にゃんと良いコメントでしょう。まさしくその通り、
恐らく、人間をバカ化するのは人間です。
黒人は優遇制度のせいで勉強しなくなります。
学校だけでなく、仕事も。いろんな方面で優秀な人たちも
多いのに残念でははいでしょうか。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Shigeo Sugawa

Author:Shigeo Sugawa
日本の武器兵器史の研究者、陸上自衛隊武器学校資料館アドバイザー。
目まぐるしく変化する国際情勢、その中で日本が対応する未来への策、安全保障を政治、経済、社会、報道などを多角的に分析する。
また趣味の狩猟、渓流釣りと自然、環境問題。そしてアート、音楽、歴史など文化面をも・・・その思うところを紹介したい。


現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ