fc2ブログ

記事一覧

日本はウクライナ戦後の覚悟はあるか?

何度か、それとなく書いたがウクライナ戦争の日本の課題のひとつは戦後処理だ
復興支援に関しては日本はやることは沢山あるし、その方針や準備は水面下で進んでいるようだが。

問題は、ウクライナ戦争に学ぶ近代戦のノウハウをどう自身の安全保障にどう生かすことが出来るかだ?
ウクライナ戦争の実態を出来るだけ広範囲に多くの日本人、防衛関係者が見て来ることが重要だ。
20世紀初頭、その後世界秩序を変えた、日露戦争、多くの国の武官が戦場に行き観戦した。
IMG_20230628_0001_(3)_convert_20230705092808.jpg

もうひとつ重要な戦後課題は領土問題だ。
ウクライナは自国の領土だった地域を1㎡残らず取り返すとしているし、ジヨージィア、チェチェン、バルト三国、など
その目的は明確だ。
日本も同じ状況にあると考えられるが、領土問題を官民あげてこれに無関心はおかしい。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Shigeo Sugawa

Author:Shigeo Sugawa
日本の武器兵器史の研究者、陸上自衛隊武器学校資料館アドバイザー。
目まぐるしく変化する国際情勢、その中で日本が対応する未来への策、安全保障を政治、経済、社会、報道などを多角的に分析する。
また趣味の狩猟、渓流釣りと自然、環境問題。そしてアート、音楽、歴史など文化面をも・・・その思うところを紹介したい。


現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ