fc2ブログ

記事一覧

楽天は大丈夫か?

3日前、昔一緒に勉強した同期、3人と食事をした。
現在はほとんど引退した人達だが、それぞれそうそうたる人たちだ。
皆で話を進行していくと、ある程度、深い客観的な内容に集約していく。

今回の話題の一つは、三木谷 浩史さんと楽天グループのことだった。
株価が急落して仲間にも損をしたが「これ以上は・・」と処分した男もいた。

三木谷さんと楽天、この20年間くらい日本のIT関連企業としては目玉的存在だったのではないか。
三木谷 浩史個人の華やかで能力のあるキャラクター、一橋→ハーバード→興業銀行と。
女房も聞くところによればエライ方で、楽天を起こす際に私の業界から多くの人を連れて行った。
株式オプションなどを条件に新しい仕事、新しい収入をと、当時30代の実力のある人々が楽天に集まった。
公用語は英語、働き方も先進的で、NHKさんが三木谷さん自身を英雄視して会社をほめたたえた。

楽天は日本のIT企業としては多角的に通信、通販、金融、トラベル、不動産などあらゆるサービス業務を
効率的かつ魅力的に社会に提案してきた。スポーツ界もだ。どうしてここのところにきて突然に大丈夫か、倒産か、潰れるなどと言われるようになったのか?郵便局に引導を渡されたのが痛いという話もあるが。

モバイルが良くなかったらしい。
三木谷さんはとても自信をもっていたそうだが。モバイルはあの悪辣なドコモ、こいつが悪い。ドコモと官僚にやられたのではないか?
基地局の仕事で数十億円を使い込まれた事件もあった。これは三木谷さんの責任が大きいそうだ。
f_14478038.jpg

結局、三木谷さんは育ちの良い、理想主義者、裸の王様だったのではないか?

それにしても対極にいるのは損しても儲けるソンさんだが・・
この人にはなぜか誰も手が出せない。アンタッチャブルなのだ。

NHKさんなどに持ち上げられるとろくなことは無いと言う一例になったが、楽天が沈没したら本当に日本の
GAFAはどういうことになるのか・・・
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Shigeo Sugawa

Author:Shigeo Sugawa
日本の武器兵器史の研究者、陸上自衛隊武器学校資料館アドバイザー。
目まぐるしく変化する国際情勢、その中で日本が対応する未来への策、安全保障を政治、経済、社会、報道などを多角的に分析する。
また趣味の狩猟、渓流釣りと自然、環境問題。そしてアート、音楽、歴史など文化面をも・・・その思うところを紹介したい。


現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ