fc2ブログ

記事一覧

日本のシェルター

いよいよ政府が沖縄に有事の際、民間人が避難するシェルターを建設する計画を発表した。
塩谷議員が春に与那国、宮古、石垣を視察して現地の意見などを聞いたが。

第二次大戦中、多くの民間人の犠牲があったが、当時、民間人は石造りの亀の形のお墓に、また洞窟に
避難したと言われているが。
日本全土でも防空壕を作ったが役に立ったことも立たなかったこともあったそうだが。

台湾有事の際、沖縄は地政学的に高い確率で巻き込まれる。
だから今回の政府の決定は現実的なものと言えるが、どの程度の効果がある施設を建設するのか?

ロシアの攻撃を受けてボロボロにされたウクライナの都市にはソ連時代からのシェルターが必ずあり、そこに
住民は避難した。果たして今回のプロジェクトに関わる人たちは見て研究してきているのであろうか?

また、北朝鮮のミサイル攻撃を考えると、日本の都市部でも緊急避難先は必要だ。
地下街や地下鉄は沢山あるがそのままでは使えない。これらに対しても何らかの策は考えられているのか?
小池 ゆりこさんにお聞きしたい。
boukuuP.jpg
なんでも人口の3倍の収容能力が必要と言うが、台湾には10か所あるそうだ。ニューヨークにも冷戦時代からの
ものがあった。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Shigeo Sugawa

Author:Shigeo Sugawa
日本の武器兵器史の研究者、陸上自衛隊武器学校資料館アドバイザー。
目まぐるしく変化する国際情勢、その中で日本が対応する未来への策、安全保障を政治、経済、社会、報道などを多角的に分析する。
また趣味の狩猟、渓流釣りと自然、環境問題。そしてアート、音楽、歴史など文化面をも・・・その思うところを紹介したい。


現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ