fc2ブログ

記事一覧

異常気象、日本の食料安全保障は?

7月は史上、最高気温を記録したそうだ。
日本の報道、不思議なことに作物の出来への影響などにはほとんど触れない。
本州の太平用側は昔風に言えば干ばつだろう。
土の部分はカラカラで雑草も涸れつつある。

民放などはスーパーのおやじに解説させて、野菜の出来や価格を逐次報じていたが、今回の高温干ばつ被害に
今日までは何も触れてない。at210416101.jpg


海外でも高温干ばつか、多雨洪水の二極分化だ。食料生産、家畜なども含め、絶対に影響があるはずだ。
それにロシアのウクライナ穀物の輸出禁止。

私が関心があるのは中国やアジア諸国、それに冬だが、オーストラリアなど南半球も気になる。
ところが、気温が高い→熱中症には、ニュースで毎回伝えるが、以上のようなマクロな問題はほとんど触れない。

日本人、危機に緩いと言うが、異常気象と食料安保は日本にとり最重要な課題ではないか?
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Shigeo Sugawa

Author:Shigeo Sugawa
日本の武器兵器史の研究者、陸上自衛隊武器学校資料館アドバイザー。
目まぐるしく変化する国際情勢、その中で日本が対応する未来への策、安全保障を政治、経済、社会、報道などを多角的に分析する。
また趣味の狩猟、渓流釣りと自然、環境問題。そしてアート、音楽、歴史など文化面をも・・・その思うところを紹介したい。


現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ