fc2ブログ

記事一覧

世界一不幸な男

夏休みで山荘に家族が集まり、昨夜は大バーべキューと花火大会。
息子と婿は庭で焚火をして天の川と流れ星を見ながら酒を飲みかわし、遅くまで語っていた。
家族は良いと、孫たちの寝顔をみていた。
子供の成長は早い。もう何年もの我が家の行事。
yokomizo.jpg

思い出すのは札幌の首なし死体事件。
最近には珍しい猟奇的な江戸川 乱歩も、横溝 正史も書いていないような話だ。
あの親父、精神科医だが、女房も娘も患者?的な方。
勿論、専門医だから、家族の症状と言うか不審には気が付いていたはずだが。
殺人に加担してしまった。
日頃、どのような気持ちで家族と接していたのだろうか?
ギネスでも測ることが出来ない不幸な男ではないか?彼が幸福であったと感じていたなら話は
もっと複雑になろう。

一方、首なしになった被害者の方も、幸福な男だったか?
オスカー・ワイルドもびっくりではないか?

自分のこととは比較にならないが、人間と言うのは複雑な生物だ。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Shigeo Sugawa

Author:Shigeo Sugawa
日本の武器兵器史の研究者、陸上自衛隊武器学校資料館アドバイザー。
目まぐるしく変化する国際情勢、その中で日本が対応する未来への策、安全保障を政治、経済、社会、報道などを多角的に分析する。
また趣味の狩猟、渓流釣りと自然、環境問題。そしてアート、音楽、歴史など文化面をも・・・その思うところを紹介したい。


現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ