fc2ブログ

記事一覧

10年後を考える・・・

大分前、20世紀の話だが、何かの折に、「これからは何事も10年後の状況を分析して、方針を立てる。
今現在を見渡しても駄目だ。」と言う話を様々な例で聞いてなるほどと感じた。
その中にインターネット社会の出現もあった。
しかし、世の中、今現在で多くのことが判断されているようだ。
政治も経済も。
中国が今現在、どういう状況下でも対話せよとあるが、果たしてあの国は10年後はどのような状態か?
それよりも日本国は存在しているのか?から始めなければならないようだ。

さらに言うなら「10年間」という単位はそれで良いのか?
よいわけがない。今はせいぜい3年間ではないか、個人も社会も政治も、判断基準は。
10年先がどうなるか?誰も知るよしはない。3年だ。
日本には数多くの「絶対永久平和主義者」が存在する。殺されても悲惨な目にあっても抵抗するより良い、との
考え方で、実はとても危険な思想なのだ。

単に何でも反対する輩がそれらに加わった時が危険だ。
reo.jpg>こいつ来年もいたら大変

中国さまが「福島放水を反対する人が日本にも多くいるではないか」と反論していたが、山本 タローみたいなやつは
いつ何時、揚げ足をとられるかもしれない。付和雷同は禁物。
スポンサーサイト



コメント

No title

共産党もそうですね

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Shigeo Sugawa

Author:Shigeo Sugawa
日本の武器兵器史の研究者、陸上自衛隊武器学校資料館アドバイザー。
目まぐるしく変化する国際情勢、その中で日本が対応する未来への策、安全保障を政治、経済、社会、報道などを多角的に分析する。
また趣味の狩猟、渓流釣りと自然、環境問題。そしてアート、音楽、歴史など文化面をも・・・その思うところを紹介したい。


現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ