fc2ブログ

記事一覧

河野 タローさんの話を聴く

秋になり政治、外交も動き出した。
昨日は岸田さんのインドでの記者会見の様子を見てた。
岸田さんは外交に熱心で、あの動きは評価されるべきと考えるが、記者たちの関心はやはりインドでも国内政治
人事の動向であった。

外交では政治の点を稼げない。岸田さん持率は低い。国内はお粗末な大臣や議員で目を当てられない。

そんな中、先週金曜日、あいにくの大雨だったが、河野 タローさんが来た。
参加者は少なかったが、間近で聴いたタローさんの話、彼も来週は大臣をやっているか?と言う感じの
話で始まり、日本の大きな社会の変革を語るつもりが、いつも話、マイナとマイナカードで終始した。
新味はなかったが、タローさんの人となりの一部は理解できたと感じた。

いつも、仲間と政治の話、岸田内閣が倒れたらをすると、「タローが後継では・・」と言う否定的な結論で終わる。タローさんは外務、防衛、行革、ワクチン、デジタルなど内閣の重要部分を歴任しているので、経験的には次期首相
最右翼だ。
見かけも、声も、話し方も報道より良い。

女房も来た。白ずくめであったが、それなりの人だ。
タローさんは馬好き、風力議員をスカウトしてきたとは、大いなる汚点だが、すこしおちょこちょいな部分もある方だと思った。例えば脱原発は日本のメディアは喜ぶが、国家社会は慎重になるべき課題。
akimoto.jpg
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Shigeo Sugawa

Author:Shigeo Sugawa
日本の武器兵器史の研究者、陸上自衛隊武器学校資料館アドバイザー。
目まぐるしく変化する国際情勢、その中で日本が対応する未来への策、安全保障を政治、経済、社会、報道などを多角的に分析する。
また趣味の狩猟、渓流釣りと自然、環境問題。そしてアート、音楽、歴史など文化面をも・・・その思うところを紹介したい。


現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ