fc2ブログ

記事一覧

予科練の建物

昨日、所用で武器学校に行った
良い天気、車も快調、道もすいていた。
この日の昼に高校生300人の見学があり、スタッフは大わらわだった。
学生たちは芝生に腰を下ろし説明を聞いていた。予科練のことも海原会の会場で聞いただろう。
彼らが説明を聞いた横に予科練時代から残っているこの建物がある。今は資材を入れてあるが、かって
は資料館に展示されているものも保管されていた。
PA251224_convert_20231026100103.jpg

取り壊し新しい建物を建てる建てないの計画が聞かれたが今はすっかり忘れ去られたようだ。
でもここまで来たら、この建物は保存、補修は必要だが、して、そのまま戦争遺産として残したらどうか・・・
見学会のために自分の車はこの建物の前に駐車した。
以前、長い時間駐めたとき、帰りの高速で「予科練の歌、若い血潮」がどこからか聞こえてきたが昨日はなかった。
多分、戦場で、ここで無くなった英霊は同じ年齢の若者が大勢訪れてくれたので、そっちに気がとられてのだろう。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Shigeo Sugawa

Author:Shigeo Sugawa
日本の武器兵器史の研究者、陸上自衛隊武器学校資料館アドバイザー。
目まぐるしく変化する国際情勢、その中で日本が対応する未来への策、安全保障を政治、経済、社会、報道などを多角的に分析する。
また趣味の狩猟、渓流釣りと自然、環境問題。そしてアート、音楽、歴史など文化面をも・・・その思うところを紹介したい。


現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ