fc2ブログ

記事一覧

市街地の獣被害は人間の減少からでは・・

秋田や福井、熊が人間を噛んだり、引っ掻いたり、死んだばあちゃんもいたくらい大変な様相だ。
他にも、イノシシ、猿、鹿などが突然出てきて車と衝突したり、子供に怪我を負わせてニュースになる。
専門家が出てきてその理由を彼らの山の餌が今年は不作で里に下りてくる、としているが、
それだけか?

kumaP.jpgSTV画面

来月半ばより狩猟シーズンで私もその準備に忙しい。
私が狩猟するところの一帯の世帯数は30年前の半分、さらに家族も半分、人口は4分の1に減少した。
林業が盛んだが、木製の橋は崩れ、道は荒れ果てた。
人がいないから獣が出てくる。自然の原則ではないか?山に餌は十分ある。

考えてみれば日本の経済が不活発なのは少子高齢化ではないか?
もとより生産性はあまり良くない。人口が減ればどんな産業も生産も消費も伸びない。
金をばらまくくらいなら、日本に住める動物以外の人間を増やさねば。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Shigeo Sugawa

Author:Shigeo Sugawa
日本の武器兵器史の研究者、陸上自衛隊武器学校資料館アドバイザー。
目まぐるしく変化する国際情勢、その中で日本が対応する未来への策、安全保障を政治、経済、社会、報道などを多角的に分析する。
また趣味の狩猟、渓流釣りと自然、環境問題。そしてアート、音楽、歴史など文化面をも・・・その思うところを紹介したい。


現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ