fc2ブログ

記事一覧

兵器を大切にしてきた国々

先月、自衛隊の方々とよもやま話をしていた際に、
戦車を鹵獲、修理してまた使う」という歴史に魅力を感じたいう話題があった。
古くは第四次中東戦争の際に、イスラエルがシナイ半島でエジプトのソ連製戦車を2000両鹵獲して
自国に持ち帰り、修理、性能を上げて使用していたことがあった。1973年、半世紀前だが。」
最近はウクライナがロシアの戦車に同じことをしていた。ウクライナなもとより兵器国、防衛懇話会でも4泊2日で見学に行ったほどだ。
97818.jpg

今回のウクライナ戦争もパレスチナ戦争も兵器を大切に使うなどと言う考え方は皆無だ。
使い捨て、コストパーの良い兵器を投入と、しかし人命に関してはロシアの伝統的な戦法とイスラエルの無差別攻撃に代表される
よう古典的な戦争だ。


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Shigeo Sugawa

Author:Shigeo Sugawa
日本の武器兵器史の研究者、陸上自衛隊武器学校資料館アドバイザー。
目まぐるしく変化する国際情勢、その中で日本が対応する未来への策、安全保障を政治、経済、社会、報道などを多角的に分析する。
また趣味の狩猟、渓流釣りと自然、環境問題。そしてアート、音楽、歴史など文化面をも・・・その思うところを紹介したい。


現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ