fc2ブログ

記事一覧

ウクライナ将来は英国が決め手・・

春になるが、弾切れでウクライナは反攻が止まった。
ロシアは千載一遇のチャンスだ。プーチンさまの再選、彼は100%でないと気が済まないらしいが、
実現しそうだ。
この間にロシアは再攻撃の準備を着々とやる、と言うのが大方の見方だ。
米国共和党が予算を止めている。さらにトランプさんは党大会で勝てる見込みがたった。
まだ秋の本選があるが、相手がバイデンのジジィでは・・・
従ってウクライナは米国の支援が難しいと悲観的だ。

先週、イタリア、カナダ、EUの指導者がキーウに行き、各々支援の条約を結んだ。
その前に、フランスとドイツが支援の額を入れたものを。
ここで注目されるのは英国だ。英国に頑張って欲しい
歴史をみると、米国の第一次大戦、第二次大戦ともに参戦が遅れた。
英国がその間、頑張った。何か同じ現象だ。

日本、日米同盟が重要だが、米国が動けないから、日本も動かないはなかなか歯がゆい
世界の目的はひとつ、ロシアとプーチンさまをコテンパンにする、だから何か新しい方向性は
ないのか。かねてより、日英同盟がカギではないか?と書いてきたが。
610818.jpg昔の日英同盟
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Shigeo Sugawa

Author:Shigeo Sugawa
日本の武器兵器史の研究者、陸上自衛隊武器学校資料館アドバイザー。
目まぐるしく変化する国際情勢、その中で日本が対応する未来への策、安全保障を政治、経済、社会、報道などを多角的に分析する。
また趣味の狩猟、渓流釣りと自然、環境問題。そしてアート、音楽、歴史など文化面をも・・・その思うところを紹介したい。


現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ