fc2ブログ

記事一覧

植林の罪

ここ2-3日、北風が強く吹いている。
昨年の猛暑以来、風が吹く日は少なかったように感じていたが。
日向を歩いていて耳元に立てる音は気持ちが良かったが、帰宅してからクシャミ100発
花粉のせいだ。

田舎を車で走ると見える山々は恐らく昔は現在と異なった風景だったのではないか?
きれいに並んだ杉、檜の三角の頭の列、とても人工的だが誰もこれを疑ったいない。
国会で質問が出てもよいのでは。これが国民を一年の数分の1の期間苦しめる花粉の元だ。
誰の責任だ。国の林業政策のせいではないか・・・、と。


「風ふけば桶屋が儲かる」はまさしくこの言葉だ。
花粉の飛来は万病の元。
家を閉め切る、洗濯干しを控える、外出をしない、など、健康に悪いことばかり。
そして医療機関でまたインフルやコロナにも感染する。

現在の社会問題、10を上げろと言えば、「花粉災害」は間違いなくその一つ。

さらに言えば、現在、無価値に近いものが針葉樹の山々だ。育った針葉樹は安価に払い下げられ、チップに
されてゴミ焼き場の燃料だ。そしてまた針葉樹を国の金で植林する。
日本の杉・檜はとても価値のある材木だが、それより安い外国製材木が家や家具の需要をまかなっている。
永年続いているがこんな循環は良い訳がない。
私の財産は落葉広葉樹の森だ。P5010468_convert_20240227094056.jpg
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Shigeo Sugawa

Author:Shigeo Sugawa
日本の武器兵器史の研究者、陸上自衛隊武器学校資料館アドバイザー。
目まぐるしく変化する国際情勢、その中で日本が対応する未来への策、安全保障を政治、経済、社会、報道などを多角的に分析する。
また趣味の狩猟、渓流釣りと自然、環境問題。そしてアート、音楽、歴史など文化面をも・・・その思うところを紹介したい。


現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ