fc2ブログ

記事一覧

イランは余裕、自制している。

ハマスのテロに始まったガザ紛争、膠着状態だ。
イスラエルに終わりのシナリオが見えない。人質解放は出来ていない。
最後の最後、パレスチナ人を大量に殺し、ガザを更地にする作戦も米国・英国、そして
全世界が見ているから遂行できない。まったくの行き詰まりだ。
ネタネタしていたネタニアフさんに策がない。
BB1lK1BU.jpg

それで、シリアのイラン大使館を空爆してイランの革命隊司令官を殺害した。
イランを巻き込むためだ。
イランは無駄を承知で、大規模空爆を実施したが、主に国内向け。
恐らく、米国・英国と何らかの外交的な妥協がなされていたのではないか?
イランとイスラエルが全面戦争になれば、イスラエルは米英を背景にガザを更地に出来る。
無謀だ。世界大戦になる恐れがある。


現在のところ、イランは利口な判断をしているが、イスラエルには核がある。
とても危険。
日本はイランともイスラエルとも良い。そして米英とは通じている。
国内の政争はともかく外交的努力、世界平和に力を貸す姿勢は大いに示す必要がある。


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Shigeo Sugawa

Author:Shigeo Sugawa
日本の武器兵器史の研究者、陸上自衛隊武器学校資料館アドバイザー。
目まぐるしく変化する国際情勢、その中で日本が対応する未来への策、安全保障を政治、経済、社会、報道などを多角的に分析する。
また趣味の狩猟、渓流釣りと自然、環境問題。そしてアート、音楽、歴史など文化面をも・・・その思うところを紹介したい。


現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ