fc2ブログ

記事一覧

野良猫の楽園をつくるボランティア


我が家の近所には昔から野良猫が多い。
猫を飼っている人は、自分の猫は絶対に外に出さない。

2年ほど前、うちの前の建設現場で、ごそごそしている外人女性2人がいたので、「何をしているのですか」と聞いたら、「猫の排泄物を拾っているのです。」と日本語で応えた。

大柄な女性はベルと名乗り、それからも時々、近くで行きあった。
彼女達は近くのガレージを借りて、そこを本拠にし、野良猫の避妊手術、餌やり、排泄物処理などとボランティアでやっているそうだった。
そのガレージの前を通り過ぎると、彼女達が作業をしているのが見えた。

昨夜も娘との食事の帰り、雨の中、餌を入れた、カートを引いて歩いていたベルさんと出くわした。
彼女はもう殆どの猫に避妊手術を行ったから、野良猫は増える心配はない、と言っていた。

この辺りの野良猫は、もう何代も続いた同じ系統の猫だ。
白黒の斑が多い。
それにしても、毎晩、野良猫の世話をする外人とはどういう人なんだろう。単なる暇人か。

画像は彼女達が猫の楽園(サンクチェリ)にしたいという公園と猫。

公園の近くに住民には迷惑な話だが。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Shigeo Sugawa

Author:Shigeo Sugawa
日本の武器兵器史の研究者、陸上自衛隊武器学校資料館アドバイザー。
目まぐるしく変化する国際情勢、その中で日本が対応する未来への策、安全保障を政治、経済、社会、報道などを多角的に分析する。
また趣味の狩猟、渓流釣りと自然、環境問題。そしてアート、音楽、歴史など文化面をも・・・その思うところを紹介したい。


現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ