FC2ブログ

記事一覧

上海の看板


1980年代後半、上海はまだ映画「太陽の帝国」そのままだった。
数年前行って、その変化に驚いたが。

'80年代後半、T自動車の担当部長になり、最初の仕事は、同地に社名を載せた大型看板設置だった。
幸い、上海には同期のN君と言う中国語堪能な男がいて、何かと尽力してくれた。自分では見に行かなかったが良い場所で、良く出来たと言う報告だった。

しばらくしてT自動車から「照明が消えている」とのクレームがあった。

N君に調べてもらった。「電球が無くなってたがな」と言う返事。
電球に網の被いを付けて取られないようにした。

またしばらくして、看板は何枚かのトタン板で構成されていたが、一枚がベコベコになっていると言うクレームがあった。
N君に調べて貰ったら、近所の人が一枚持ち帰り、自分の家の屋根に張っていたらしい、業者さんがそれを回収して戻したが、べこべこになっていた、とのこと。

当然、翌年は契約は貰えなかった。

もう今はそれほど酷いとは思わないが、
北京オリンピック、それまで中国の今の勢いが持って欲しい。多少、いい加減でも大会の成功を祈る。

スポンサーサイト



コメント

No title

大量生産産業はもう日本では通用しない、発展途上国に任せ価値産業に向うべきだ、自動車産業は円高ガソリン高を駆逐出来ない、

No title

自動車はローテクノロジィー産業であり、将来はあまり明るくない。
付加価値、インテリジェンス産業に向かうべきでしょう。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

japaneseweapons

Author:japaneseweapons
日本の武器兵器研究、火縄銃から軍用銃までと多岐にわたり、 また急激に変化がある国際状況、日本の安全保障と外交を 論じる。



刀,弓,槍,薙刀,甲冑,鎧,火縄銃,軍用銃,機関銃など日本の武器や兵器に関する須川薫雄の研究を紹介はここ:
日本の武器兵器.JP


スポーツアンティークは、スポーツ用品や玩具、江戸期からの日本の食器、家具また、合法的な武具・火縄銃や軍装備品もマニアの方々に用意しております。米・日で約40年間に渡り仕入れたものです。



現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ