FC2ブログ

記事一覧

伯父が戦争に持って行った刀



九七式重爆撃機の操縦士だった伯父は1944年11月に漢口に向かう途中、撃墜され戦死した。

奇跡的にも彼の遺品は遺骨と共に、和歌山の実家に届けられた。その行李の中に、この刀は入っていた。
軍刀拵えだ。戦争末期、良く漢口から和歌山まで届いたものだ。

彼の弟、叔父、昨日がんセンターで手術を受けた、が保存していたが、20年ほど前から私のところに他の箱入りの写真、手紙などの記録と共に来ていた。

銘は「濃州関住兼定作」とあり、確か重要刀剣か何かの書類もついていたが、今その書類は貸金庫だ。
形は良いが、もう限度くらい、細くなっている。
細い直ぐ刃だ。

叔父と3日ほど前に病院で話していたら、この刀は祖母の実家にあったものだとのことだ。

従って、買ったものではなく、家にあった刀を軍刀にしたもので、戦死した日は搭乗に際して、刀を帯びていなかった。漢口が基地で、衝衛から撤収する途中だったらしい。

私の代にはこの刀も遺品も保存できるが、その後はどうなるか。

もう疲れが出ている刀なのか、最近、くもりが見えるようだが、これはどのように手入れしたら良いだろうか。
軍刀拵えのほかに白鞘があり、それに収めてある。

スポンサーサイト



コメント

No title

私は、まあ基本的にはガンスですね。
場合によっては笛とか、太刀、双剣などなど、
遠距離はつかってません→ダイアーまだですか?

No title

兼定は切れ味では定評があるので、美濃の刀の中では「珍しく」ニセの多い銘です。画像ではなんともいえません。
どこかの目利き馬鹿は軍刀など、刀とみなさないでしょうが。最後の挺身兵器、かつ英霊の形見。大事にしてやってください。

No title

シナ大陸の奥地から戻ってきたもの、大切にします。
戦後の登録もあります。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

japaneseweapons

Author:japaneseweapons
日本の武器兵器研究、火縄銃から軍用銃までと多岐にわたり、 また急激に変化がある国際状況、日本の安全保障と外交を 論じる。



刀,弓,槍,薙刀,甲冑,鎧,火縄銃,軍用銃,機関銃など日本の武器や兵器に関する須川薫雄の研究を紹介はここ:
日本の武器兵器.JP


スポーツアンティークは、スポーツ用品や玩具、江戸期からの日本の食器、家具また、合法的な武具・火縄銃や軍装備品もマニアの方々に用意しております。米・日で約40年間に渡り仕入れたものです。



現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ