FC2ブログ

記事一覧

「スポーツはフェアが基本」 平林 岳氏の話


アメリカに行ったのはプレーヤーだけでなく、審判員でも挑戦している人の存在を知った。

昨日、「平林 岳」氏の話を聞いた。

同氏はパリーグの審判であったが、今はアメリカで、マイナーリーグAAの公式審判員である。

勿論、MLBの審判を目指している。
マイナーにも「ルーキー」、シングルA,ダブルA,トリプルAと4段階あり、彼はダブルAまで来た。

全米にはトータルで250人くらの審判がいるそうだが、マイナーリーグ審判の話は「ロード」ストリーだ。
車で移動する大変な生活で、月収制、食事代を含め35万円ほどだそうだ。今度少しあがり、車が出るようになったとのこと。オフシーズンは出ない。「ハンバガーリーグ」と呼ばれている。ちなみにMLBは
「ステーキリーグ」

日米の野球の価値観の差、「ファン第一」というような話はボクも大リーグをアメリカで観戦し感じていたことだった。

それと「フェアプレー」精神だ。(薬物問題にゆれているが)

スポーツの基本はフェアプレーでそれは、文化と関係あると思う。

「相撲」が悪い例だ。
伝統はあるが、日本文化のない人間がやっているからフェアプレー精神とは程遠い存在になった。
田舎のじいちゃん、ばあちゃんは騙せるが、世界のスポーツを観ているファンは騙せない。
行事も審判も力士を見てないふり。横綱には立会いできちんと手をつかせなければ。
リプレーで、NHKは下はトリミングしている。姑息極まりない。単なるデブの仲良しゲーム、「殺人」も時々ある、に成り下がった。

アメリカ野球も八百長問題は30年代あった。しかし、平林氏の話を聞いていると「フェアプレー」こそ、スポーツの基本、「ファンサービス」の根底と感じたしだいだ。

スポンサーサイト



コメント

No title

MBLの審判の「フェアプレイ」は私も昔から信じていた。巨人びいきの日本野球のレフリーとは天と地の差があると。しかし一昨年のWBCのMBL審判員のジャッジでその信念は覆った。あの男は今でもMBLの審判員で残っているはず。

No title

平林氏の話では「誤審」もプレイのうちと言うのが、アメリカ野球で、監督が審判に詰め寄るのは、違反だと。ファンもそれなりに「誤審」を楽しむとのこと。確かに「ストライク」を「ボール」としてしまうが、次に返してしる。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

japaneseweapons

Author:japaneseweapons
日本の武器兵器研究、火縄銃から軍用銃までと多岐にわたり、 また急激に変化がある国際状況、日本の安全保障と外交を 論じる。



刀,弓,槍,薙刀,甲冑,鎧,火縄銃,軍用銃,機関銃など日本の武器や兵器に関する須川薫雄の研究を紹介はここ:
日本の武器兵器.JP


スポーツアンティークは、スポーツ用品や玩具、江戸期からの日本の食器、家具また、合法的な武具・火縄銃や軍装備品もマニアの方々に用意しております。米・日で約40年間に渡り仕入れたものです。



現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ