FC2ブログ

記事一覧

初期の連発拳銃ペッパーボックス所コレクションより


板橋の郷土資料館で展示されているものだ。

「ペッパーボックス」は勿論正式名称ではないと通称よばれている。
胡椒を挽くものからきたものだ。

この銃は箱、弾型、火薬入れ、さく杖、道具などから西欧製だろう。

日本人は比較的、この手の銃が好きで、各地で銃工が製造した。

「多銃身拳銃」が正式な名称だろう。
この銃は菅打ち(パーカション式)式でした。雷粒もものも日本では作られたが、
価値は雷粒のほうが高い。しかし、それは博物館には分からないだろう。

この多銃身の部分を輪銅としてレボルバー(輪銅式拳銃)になった。

所さんは完璧なものや文書を収集していた、そういう性格だったので、このセットも完全なものだ。

しかし、1-2分間、観ていると飽きてしまう。
なぜなら、実用性と言う点で、いまひとつだからだ。

装填も時間がかかる。
持ち歩きに不便だ。
命中率も悪い。からだ。

スポンサーサイト



コメント

No title

これは引き金の力で銃身も回転するのでしょうか。
和製も好んで作られたとのこと。
一本の銃身で蓮根だけを回転させる。このコロンブスの卵的な発想がコルト以外に出てこなかったのですね。
改善・改良は得意でも、このへんの基礎開発力が日本人の伝統的弱点とするところです。

No title

マーク・トウェインの紀行文(原典のタイトルはド忘れしました)にも「ペッパーボックスはまったく当たらない」と書かれていたはず。

No title

ハンマーを上げると回転するにしても力が要り過ぎるので、銃身を手で回したのではないでしょうか。

No title

「イーサン・アレンのペッパーボックス」ですね。
完全なダブルアクションオンリーです。
つまり引き金を引くだけでシリンダーが回転しハンマーがアップダウンします。

No title

ホップキンス・アレンと言うレボルバーもありましたが、アレンは
どういう人、会社だったのでしょう。

No title

>引き金を引くだけでシリンダーが回転しハンマーがアップダウンします

なるほど、疑問解決ですっきりしました。ありがとう。
それにしても隣銃身に次々同発したら、えらいことになったでしょうな・・・。

ホップキンス・アレンは戦前の川口屋銃砲店の販売目録にもありますから、かなり後発のメーカーかと。

No title

イーサン・アレン(アーレン)と言う人物を調べると、南北戦争の英雄…にたどり着きますが、まったく関係ない人物だそうです。
yakozen999さんのご指摘の通り、隣の薬室(兼銃身)に引火し全部暴発なんて事もあったようで…。
そりゃ撃たれた人も撃った人もビックリしたことでしょう。
加えてダブルアクションの引き金が重く、サイトもないので本当に当たらない銃だったようです。
デニックス社のモデルガン(?)を持っていますが本当に引き金を引くのに苦労します。
頑住吉さんのサイトがメチャメチャ詳しいですよ。

No title

実用にならなかった火器は沢山ありますが、今ではそれが珍しいとか。またそれらしく改造して値を上げる人もアメリカには沢山います。

No title

雷管、薬莢、無煙火薬、後装化、連発化、etc

銃砲の技術的発達において、19世紀ほど濃密な百年は無いですね。
その試行錯誤の様子が、私は好きなのですが。

No title

サイトラインを確保する為にアンダーハンマー仕様のやつもありますね。刀に所持銘、為銘がありますが国柄で携帯武器が銃の場合も似たような風習が有るのは、あるタイプの武人に共通する心持ちなのかも

No title

このアイデアが無ければ輪銅式拳銃は生まれなかったでしょうが、これは直ぐに銃身回転の仕組みが磨耗して故障したでしょうね。
金属薬莢を使った完成した実包が出るまでの火器と、その後では格段の進歩、また無煙火薬の出現で機関銃が可能になりました。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

japaneseweapons

Author:japaneseweapons
日本の武器兵器研究、火縄銃から軍用銃までと多岐にわたり、 また急激に変化がある国際状況、日本の安全保障と外交を 論じる。



刀,弓,槍,薙刀,甲冑,鎧,火縄銃,軍用銃,機関銃など日本の武器や兵器に関する須川薫雄の研究を紹介はここ:
日本の武器兵器.JP


スポーツアンティークは、スポーツ用品や玩具、江戸期からの日本の食器、家具また、合法的な武具・火縄銃や軍装備品もマニアの方々に用意しております。米・日で約40年間に渡り仕入れたものです。



現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ