FC2ブログ

記事一覧

無法トラックの横行



大体、大きなものに衝突すると小さなものはどうにもならぬ。
海上でも地上でも同じだ。

常磐道は違法トラックの天国だ。
ほとんど取締りがないからだ。

この赤いダンプは、土砂を積載しているが、シートを被せてない。

「バシッー」とフロントグラスに石が当たることがある。
雨が降り出したらどうするつもりだろう。重量オーバーになること確実だし。

もう一台のトラックは、廃棄金属を満載しているが、これも上の方は風圧で今にも散りばりそうだ。

なるべく離れて走るしかない。

しかし、都会に住んでいると、厳しい駐車違反。
一歩出ると「西部劇」の世界。

これも燃料代が高くなり、こういう商売も採算が採れないのだろう。

スポンサーサイト



コメント

No title

いや、日本全体がそうなんじゃないかなぁ?違法無線、過積載、通行区分違反などなど。警察の取り締まりは手緩過ぎですよね。昨今の飲酒トラック事故なども…何時も思うのですが、大型免許とかは、普通免許より違反点数を大きくしないのはナゼでしょうかねぇ?不思議でなりません…

No title

昔、トラック業界のボスになった男、議員が社の一年後にいた。
こういう団体の力が大きいのでは。最近、気になるのは、会社名の表記のない、無印トラックがとても多いことです。
違反してもナンバーは光が当たってなく、特定のしようがありません。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

japaneseweapons

Author:japaneseweapons
日本の武器兵器研究、火縄銃から軍用銃までと多岐にわたり、 また急激に変化がある国際状況、日本の安全保障と外交を 論じる。



刀,弓,槍,薙刀,甲冑,鎧,火縄銃,軍用銃,機関銃など日本の武器や兵器に関する須川薫雄の研究を紹介はここ:
日本の武器兵器.JP


スポーツアンティークは、スポーツ用品や玩具、江戸期からの日本の食器、家具また、合法的な武具・火縄銃や軍装備品もマニアの方々に用意しております。米・日で約40年間に渡り仕入れたものです。



現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ