FC2ブログ

記事一覧

にせもの「日本骨董家具」


「階段箪笥」は殆ど出ない。

家に作りつけの家具だったのだが、もうそういう家具が付いていた家の改造や建て替えがないからだ。
出ると数十万円つく。

それで、台湾などで作くらせた比較的小型の階段箪笥が良く入って来ている。画像。

これらは東京アメリカンクラブで行われたアジア家具の販売会で見たものだ。
10くらいのディラーが出て、そのうち3つくらいが本当の日本の骨董家具を扱うディラーだった。
そこには本物があったが、外国から来たひとはどうでも良いか、差が分からないか、半分ほどの価格のこういうものに手が出るようだ。

今日から春の平和島骨董市だが、250くらいのディラーが来ていても階段箪笥は幾つもない。

お隣の弁護士さんが離婚訴訟で階段箪笥の処遇がもめた、何でこんなものにと感じたと言っていたが、好きな人は好きだ。

日本にしかない家具のひとつだ。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

japaneseweapons

Author:japaneseweapons
日本の武器兵器研究、火縄銃から軍用銃までと多岐にわたり、 また急激に変化がある国際状況、日本の安全保障と外交を 論じる。



刀,弓,槍,薙刀,甲冑,鎧,火縄銃,軍用銃,機関銃など日本の武器や兵器に関する須川薫雄の研究を紹介はここ:
日本の武器兵器.JP


スポーツアンティークは、スポーツ用品や玩具、江戸期からの日本の食器、家具また、合法的な武具・火縄銃や軍装備品もマニアの方々に用意しております。米・日で約40年間に渡り仕入れたものです。



現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ