FC2ブログ

記事一覧

ミリショクを食べるその2


先日の武器学校。
福田司令等との昼食はVIP室のようなところでとった。

入り口を入ると、右に帽子置き場、正面は手を洗う洗面台ふたつ。

中のテーブルはとても大きい。
この日は4人だったが、20人くらいにまで対応できる部屋だからだ。

従って、向かい合っても2m以上。

これが、名物「ポークカレー」だ。でかい皿だ。

メニューが置いてあった。サラダ、温泉卵、果物(イチゴとオレンジ)が添えてあった。
ポークも沢山入っていた。
飯は1合はあろう。半分残した。これはまた「ポーク」に戻るだろう。

その夜は妻と水道橋の「かつ吉」でカツを食べたので、豚尽くしの一日だった。
この店は、本ものの染付けの蕎麦ちょこ、茶碗類がえんえんと壁に置いてあるのと、新聞紙くらいのメニューで有名なところだ。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

japaneseweapons

Author:japaneseweapons
日本の武器兵器研究、火縄銃から軍用銃までと多岐にわたり、 また急激に変化がある国際状況、日本の安全保障と外交を 論じる。



刀,弓,槍,薙刀,甲冑,鎧,火縄銃,軍用銃,機関銃など日本の武器や兵器に関する須川薫雄の研究を紹介はここ:
日本の武器兵器.JP


スポーツアンティークは、スポーツ用品や玩具、江戸期からの日本の食器、家具また、合法的な武具・火縄銃や軍装備品もマニアの方々に用意しております。米・日で約40年間に渡り仕入れたものです。



現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ