FC2ブログ

記事一覧

「百人町鉄砲組」の泉さん来られる。


泉さんは新宿、大久保、今は外人の町になりつつあるが、「百人町の鉄砲組」の責任者だ。

百人町は江戸初期、江戸城を守る伊賀の鉄砲隊が配備され、皆中神社に江戸期からの資料が残されている。それらを元に名和 弓雄氏が40年ほど前に、この保存組織を作られた。
戦時中、B29が近所に墜落し大火事があったにもかかわらず、資料は守られた。
また江戸期の射場が、明治に陸軍の演習場に、その後、なぜかロッテ工場になった。

2年に一回、秋に新宿区でイベントを行う。
現在、全国で行われている鉄砲演技のはしりと言って良いだろう。

昨夕、泉さんが、昭和55年1988年、人物往来者「歴史読本」に名和先生が書いた、経緯ものを持って来られた。

名和先生は江戸期の武具や習慣に関して幅広い知識があり、いろいろ教えて貰った。
懐かしい昔の話をひとしきりし、8月の種子島の鉄砲サミットのことを話題にした。

丁度、僕は史学会の資料を作っていて、その写真を入れる作業をNさんに頼んでいたり、北村さんの
江戸博物館の講演のメールが来たり、鉄砲に関することが集中した日だった。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

japaneseweapons

Author:japaneseweapons
日本の武器兵器研究、火縄銃から軍用銃までと多岐にわたり、 また急激に変化がある国際状況、日本の安全保障と外交を 論じる。



刀,弓,槍,薙刀,甲冑,鎧,火縄銃,軍用銃,機関銃など日本の武器や兵器に関する須川薫雄の研究を紹介はここ:
日本の武器兵器.JP


スポーツアンティークは、スポーツ用品や玩具、江戸期からの日本の食器、家具また、合法的な武具・火縄銃や軍装備品もマニアの方々に用意しております。米・日で約40年間に渡り仕入れたものです。



現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ