FC2ブログ

記事一覧

九九式軽機の眼鏡


九九式軽機(九六式も)には、銃の右側にクランク状(プリズムを利用した)の2・5倍の照準眼鏡が装着された。

しかし、銃の右には二つの蓋が出る。

上の開いている蓋は、弾倉口に使用しないときに塞いで置くものだ。
これは使用時には開いたままになる。
この画像では弾倉が装着されている。

下の横にある閉まったままの蓋は排莢口の蓋だ。九九式ではこう棹(ボルト)を引くとバネで開く。
(九六式は空薬莢が飛び出るときに空く。)

眼鏡の外を向く口は、この二つの蓋の隙間から覗く、とても細かい設計だ。
左には目視の照準があるので、視野が狭くなる眼鏡は薄暮用だったとも言われてる。

現在は夜間戦闘で銃に暗視鏡は不可欠だが、日本では70年余前に、正確には暗視ではないが、眼鏡を採用したわけだから、日本の考え方、技術もなかなかだった。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

japaneseweapons

Author:japaneseweapons
日本の武器兵器研究、火縄銃から軍用銃までと多岐にわたり、 また急激に変化がある国際状況、日本の安全保障と外交を 論じる。



刀,弓,槍,薙刀,甲冑,鎧,火縄銃,軍用銃,機関銃など日本の武器や兵器に関する須川薫雄の研究を紹介はここ:
日本の武器兵器.JP


スポーツアンティークは、スポーツ用品や玩具、江戸期からの日本の食器、家具また、合法的な武具・火縄銃や軍装備品もマニアの方々に用意しております。米・日で約40年間に渡り仕入れたものです。



現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ