FC2ブログ

記事一覧

茄子環を使ったスリング(負い帯)


日本軍は軽機、自動短機関銃そしてそれらの装具に「茄子環」と言う金具を使用した。
野菜の茄子に形が似ているから、そうよんだのだろう。

軽機など10kgくらいの銃に付ける負い皮(帯)と、一〇〇式短機関銃、弾薬150発入れ収容嚢、弾倉入れなどに使用した金具は厚さが異なる。

この九九式軽機には厚い金具と尾錠(バックル)が付いているが、帯の布はあまり厚くない。
皮革の場合は小銃よりかなり厚い、長いものだ。
しかも布は時代を経て、縫い目は殆ど切れていた。

茄子環は鉄製で黒く着色されている。

裏の板を押して皮、銃の環を入れるとバネで戻り、外れることは少ない。

これが両端にあり、真中の尾錠で長さを調整する。

アメリカの友人から写真が送られてきて、これは本モノかの問い合わせがあった。
茄子環は珍しい方式で、複製品(ダイキャスト製)もあるので、材質で見ろと返事してやった。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

japaneseweapons

Author:japaneseweapons
日本の武器兵器研究、火縄銃から軍用銃までと多岐にわたり、 また急激に変化がある国際状況、日本の安全保障と外交を 論じる。



刀,弓,槍,薙刀,甲冑,鎧,火縄銃,軍用銃,機関銃など日本の武器や兵器に関する須川薫雄の研究を紹介はここ:
日本の武器兵器.JP


スポーツアンティークは、スポーツ用品や玩具、江戸期からの日本の食器、家具また、合法的な武具・火縄銃や軍装備品もマニアの方々に用意しております。米・日で約40年間に渡り仕入れたものです。



現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ