FC2ブログ

記事一覧

ロゴを真似している「映画泥棒」


映画を見に行くと、トレラー的に映写される「映画を不法にコピーすると、1000万円以下罰金、10年以下の懲役、警察に通報します。」と言うフィルム。

確かに映画の不法コピーは中国などでは組織的に行われ、ソフト業界では頭の痛い問題だ。

しかしこのロゴ、どこかで見た記憶があると思っていたら、オードリー・ヘップバーンの「おしゃれ泥棒」の邦題を真似している。
この映画は1966年「ハウ・ツゥ・スティール・ミリオン」
ウイリアム・ワイラー監督、ピター・オッールが出たコメディだ。

「泥棒」と言う文字、色、そして字体がそっくりだ。「泥棒」していた。

何のために作ったロゴだろう。

スポンサーサイト



コメント

No title

映画泥棒、日本は関係ないよ。中国でやってくれ。中国は著作権泥棒の本場。しかも泥棒が盗んでいると言う意識が無い。映画を見に行くたびにあのCMを見させられるだけで本編まで腐ってしまう感じがする。未だ一作目の少女の涙の方がましだった。

No title

日本人はそんなことはしなくても大した料金ではないし、レンタルも
出来る。中国、もう少し権利意識を明確にしてくれないと。コンピュータ屋と違法ソフト屋が隣接して商売してるなんて信じられん。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

japaneseweapons

Author:japaneseweapons
日本の武器兵器研究、火縄銃から軍用銃までと多岐にわたり、 また急激に変化がある国際状況、日本の安全保障と外交を 論じる。



刀,弓,槍,薙刀,甲冑,鎧,火縄銃,軍用銃,機関銃など日本の武器や兵器に関する須川薫雄の研究を紹介はここ:
日本の武器兵器.JP


スポーツアンティークは、スポーツ用品や玩具、江戸期からの日本の食器、家具また、合法的な武具・火縄銃や軍装備品もマニアの方々に用意しております。米・日で約40年間に渡り仕入れたものです。



現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ