FC2ブログ

記事一覧

九九式軽機関銃の銃身接続


この接続方法は日本独特なものだ。

1930年代後半、名古屋工廠で開発されたと思われる。
クサビを使うのだ。画像のボルトの先の部分。

九六式軽機からの改良点の一つだ。
左からボルトを締めていくと、銃身と尾筒(レシーバー)の接続が常時固い。

これは九六式の半月型の柄(レバー)を使う方式、チェコ機銃の凸凹を90度違いに入れて接続する方法などより使用による磨耗に圧倒的に強い。

ヘッドスペース(弾丸の入る部分とレシーバーの微妙な距離)は銃身に挟む0・1-0・5mmまでの五枚の環で調整する。

優れた機構だ。

この仕組みは、空挺用の二式小銃7.7mm、銃身と銃床・尾筒が分解できる、の接続方法にも使われた。ボルトを締めることで、ガタが来ないのだ。

海軍はチェコ機銃の凸凹方式で九九式小銃を分解できるように改造した。

スポンサーサイト



コメント

No title

いいブログに出会いました。私の興味ある武器兵器の解説。これからが楽しみです。

No title

日本の武器兵器、掘り下げて行きます。

No title

凝ったつくりと見受けましたが、扱う立場からするとねじが1箇所増えると日常点検のポイントが一つ増えるわけで、なかなか頭が痛いものです。
狩猟用のライフルも急に当たらなくなったりするのは、大体眼鏡保持具まわりのねじの緩み、軸受けのワレなどが原因。
戦闘の合間も保守に気を配らなければいけない兵隊さんは、大変だったでしょうね。

No title

確かに凝った作りで海軍(フィリピン)はこの方式では出来きなかったようです。
眼鏡のネジ、固定の柄に関しては次回書きます。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

japaneseweapons

Author:japaneseweapons
日本の武器兵器研究、火縄銃から軍用銃までと多岐にわたり、 また急激に変化がある国際状況、日本の安全保障と外交を 論じる。



刀,弓,槍,薙刀,甲冑,鎧,火縄銃,軍用銃,機関銃など日本の武器や兵器に関する須川薫雄の研究を紹介はここ:
日本の武器兵器.JP


スポーツアンティークは、スポーツ用品や玩具、江戸期からの日本の食器、家具また、合法的な武具・火縄銃や軍装備品もマニアの方々に用意しております。米・日で約40年間に渡り仕入れたものです。



現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ