FC2ブログ

記事一覧

和製胴乱の粋 3


胴乱や火縄銃関係の小物は最近殆ど見ない。

この胴乱、火縄銃の玉薬入れの鞄は、僕の自慢の品のひとつだ。

まず色が黒ではない。赤いのだ。家紋が一つ大きく入っている。

サイズは幅22x高さ9x厚さ5cmで一般的な大きさだ。

素材は厚い牛の一枚皮だ。

蓋の止め方が、日本的でなく、洋式だ。大きなベロが下で金属製の釦に掛かる。

しかしこの胴乱は火縄銃のもので、洋式銃のものではない。

口薬入れ(発火薬)なども、普段からぶら下げておくのも不便だから、使わないときはこの中のすみに
収容したと考えられる。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

japaneseweapons

Author:japaneseweapons
日本の武器兵器研究、火縄銃から軍用銃までと多岐にわたり、 また急激に変化がある国際状況、日本の安全保障と外交を 論じる。



刀,弓,槍,薙刀,甲冑,鎧,火縄銃,軍用銃,機関銃など日本の武器や兵器に関する須川薫雄の研究を紹介はここ:
日本の武器兵器.JP


スポーツアンティークは、スポーツ用品や玩具、江戸期からの日本の食器、家具また、合法的な武具・火縄銃や軍装備品もマニアの方々に用意しております。米・日で約40年間に渡り仕入れたものです。



現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ