FC2ブログ

記事一覧

ガンスミスチェストとツール



大学時代の知人、成岡 キンちゃんの奥さんから出かける前に電話があった。
それ以前にも、それらしい話は入っていたが、詳細が具体的でなかったのだ。

彼らの娘、うちの子等と同じ小学校だった、がアメリカ、モンタナ州のガンスミスの息子と結婚したと。
義理の息子が僕を訪れて、火縄銃などを見学したい、昨日が都合の良い日だと言う内容だった。

あいにく武器学校、泊まり、ゴルフ、従兄弟との釣りなど、予定は入っていたので、意には添えない、と言った。

画像のチェストはNY市の街のフリーマーケットで見つけた、ガンスミスの道具を入れるものだ。勿論アマチュア用だが。
横40x高さ32x奥行き21cmで、良い木を使っている。下の板が全ての引き出しを塞ぎ施錠できる。
これは古いスタイルだが、復刻版が出ていて、その価格は1000ドルちかかったから、オレゴンの吉田さんが来てうらやましがったのを思い出す。30ドルだった。

道具は銃用もマイナスドライバーばかり、大きさは2種だが厚さが各4種ある。
真鍮ヘッドのハンマー。通販で買ったもの。使ったことはない。

僕は木ハンマーを良く使ったが、鉛ヘッドのハンマーを使う人もいた。
武器学校ではコッパーヘッドのハンマーを使っていた。

銃の整備には鉄ヘッドのハンマーを使うことはほとんど無いと言っても良い。

キンちゃんの奥さんに義理の息子からメールを入れるように言ったが、いまだメールは入ってない。

スポンサーサイト



コメント

No title

復刻品でも欲しいですが$1000なら日本で注文制作出来そうですか。工具箱は何かに利用できそうで捨てない物が溜まっていつのまにか重たく成るのでプラのMTMではだめなのです。引出しの中の鉄と木と油の匂いはまさに銃器のそれで、やはり木製品が好いですね。

No title

復刻品の広告は、「アメリカンライフルマン」「ショットガンニュース」になど載っていた。昨年、コネチカットのフリーマーケットに同じような品が出ていたが、確か$250-くらいだった。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

japaneseweapons

Author:japaneseweapons
日本の武器兵器研究、火縄銃から軍用銃までと多岐にわたり、 また急激に変化がある国際状況、日本の安全保障と外交を 論じる。



刀,弓,槍,薙刀,甲冑,鎧,火縄銃,軍用銃,機関銃など日本の武器や兵器に関する須川薫雄の研究を紹介はここ:
日本の武器兵器.JP


スポーツアンティークは、スポーツ用品や玩具、江戸期からの日本の食器、家具また、合法的な武具・火縄銃や軍装備品もマニアの方々に用意しております。米・日で約40年間に渡り仕入れたものです。



現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ