FC2ブログ

記事一覧

ピクニックテーブル


先々週から先週に掛けては、入梅前で、天気は最高だった。
まだ虫はほとんど出てなかった。

それで、山荘での昼食は毎日、小川の横にあるピクニックテーブルで、釣りの合間に食べた。

午後は大体、家から歩いて行けるところで釣ったので、ビールも飲んだ。

数年前にこのテーブルと椅子(もうひとつ作る必要があるが)を倉庫にあった材料で製作したが、山の厳しい気候では、おそらく10年はもたないだろう。

本当はオヤジではなく、子供が何人も来てバーベキューでもやれば良いのだが。
少子高齢化。

小さなクワガタが照明の下に落ちていたが、今年は虫の数が少なすぎる。

農薬の空中散布をしたのかもしれない。

スポンサーサイト



コメント

No title

喧騒を離れて、山荘に自家製ピクニックテーブルを据え食事や読書で過ごすのもいいんじゃないですか。

No title

木材は風雨に耐えられないことを初めて知ったのは庭をデッキにして材木を使ったこと。5-6年でボロボロになり折れて穴が開く。強化プラスティック製にしたらビクともしない。しかし大変高価なのに驚いた。

No title

木材に塗る防腐剤みたいなものもあるが、その上で食事をしたりすることを考えると、あまりペンキの厚塗りなどはしたくない。アメリカでもそのままの木で、木質によっては大分もつやつもある。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

japaneseweapons

Author:japaneseweapons
日本の武器兵器研究、火縄銃から軍用銃までと多岐にわたり、 また急激に変化がある国際状況、日本の安全保障と外交を 論じる。



刀,弓,槍,薙刀,甲冑,鎧,火縄銃,軍用銃,機関銃など日本の武器や兵器に関する須川薫雄の研究を紹介はここ:
日本の武器兵器.JP


スポーツアンティークは、スポーツ用品や玩具、江戸期からの日本の食器、家具また、合法的な武具・火縄銃や軍装備品もマニアの方々に用意しております。米・日で約40年間に渡り仕入れたものです。



現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ