FC2ブログ

記事一覧

眼鏡をつくる。


僕は読書眼鏡はまだ使ってない。
不便はない。

しかし、やや近眼ではないか。と言われていたので、射撃や、知らないところ夜の運転用に眼鏡を持っていた。
昨年、和歌山の全日本大会に行って、その高い眼鏡を無くしてしまった。ケースしかない。

先日、数寄屋橋を歩いていたら地下に、若い人が一杯入った眼鏡屋があった。

機能よりファッションと言う店だ。これが店の主人。

眼鏡を掛けた女性店員に薦められて、眼鏡を見ていた。新しい素材で軽い。ツルが太いのと様々な色が
流行らしい。

昨日、妻ともう一度、行き、検眼して貰った。
近視はない。乱視だと言う。

乱視だとモノがはっきり見えないそうだ。乱視用のレンズを入れた眼鏡を注文した。フレームはメイドインジャパンと書いたもの。チタンとゴムだ。

先日の射撃大会、またクレー射撃、グリーンのラインの読み、すべて乱視のせいだったのか、腕のせいか、新しい眼鏡が出来て試して見ないと分からんが。

なおほとんどの客は、フレーム選択に時間をついやしていた。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

japaneseweapons

Author:japaneseweapons
日本の武器兵器研究、火縄銃から軍用銃までと多岐にわたり、 また急激に変化がある国際状況、日本の安全保障と外交を 論じる。



刀,弓,槍,薙刀,甲冑,鎧,火縄銃,軍用銃,機関銃など日本の武器や兵器に関する須川薫雄の研究を紹介はここ:
日本の武器兵器.JP


スポーツアンティークは、スポーツ用品や玩具、江戸期からの日本の食器、家具また、合法的な武具・火縄銃や軍装備品もマニアの方々に用意しております。米・日で約40年間に渡り仕入れたものです。



現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ