FC2ブログ

記事一覧

愕然とした老化


昨日の株主総会で、人をみて感じことだ。 僕の話ではない。

会場に入ったら、僕をNYに送り込んだトーさんという元副社長が隣に座れと言う。
会話をするが、僕が言うことが聞こえてない。大声を出せば良いが、会場でそうも行かず。しかも出る時、彼は歩くのもやっとなのだ。

反対の隣に座って、70年代NYでの上司オーさん。酒飲みだった。○認に近い。回答に出た役員を知らないと言った。これこれです。頭が禿げたので、分からないのではないかと、紙に名前、経歴、誰それの甥とまで書いて説明した。5分後、その役員がまた出てきた。(昨日、彼は貧乏くじを引いた。独身で若い女と付き合っているからだ。)オーさんはまた同じことを聞いてきた。完全に○認症と診断した。

重役だった人たちの「身体能力」には情けないものがあった。
その原因の一つは「送り迎えの車」だろう。
医者だった父親が言っていた。
会食のあと、車で家に帰るのが一番悪い。座った姿勢から消化が悪い。食べたもの、たとえ「吉兆」でも栄養価は高い、それが寝るまでにエネルギーとして消費されない、などの理由だそうだ。

僕は幸いにも貧乏会社の社長だったので、送り迎えの車は無かった。会食は交際費削減で少なかった。
それでも週に2回はあった。
家が良いところで、銀座、六本木、赤坂くらいからは歩いて帰れた。
ランニングで帰ったこともあった。

「身体能力」と「頭脳能力」は人間の身体の両輪だ。
「メタボ」と「ボケボ」(僕の新語)これらも人間のマイナスの両輪だ。

代表取締役会長がそうだった。メタボとボケボが進行中。

このふたつは或る程度の年齢になれば努力しなければ、どんどん衰えていってしまうことは防げない。

スポンサーサイト



コメント

No title

老化は避けて通れないでしょうが、脳、体をできるだけ健康な状態にしておくには日々の心がけが何より大切と思います。

No title

その通りです。まずは贅沢はテキ。

No title

>会食のあと、車で家に帰るのが一番悪い。

どきり、としました。
雪国では年寄りが酩酊状態で冬の夜道を歩くのは、直接命にかかわるが。

No title

少し時間を置くのです。食べて、近くを散歩、買い物などするところがあれば良いのですが。僕らも今、食事してきましたが、JRを使い、
わざわざ歩く、その前にビールスバスターズソフトを買ってきました。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

japaneseweapons

Author:japaneseweapons
日本の武器兵器研究、火縄銃から軍用銃までと多岐にわたり、 また急激に変化がある国際状況、日本の安全保障と外交を 論じる。



刀,弓,槍,薙刀,甲冑,鎧,火縄銃,軍用銃,機関銃など日本の武器や兵器に関する須川薫雄の研究を紹介はここ:
日本の武器兵器.JP


スポーツアンティークは、スポーツ用品や玩具、江戸期からの日本の食器、家具また、合法的な武具・火縄銃や軍装備品もマニアの方々に用意しております。米・日で約40年間に渡り仕入れたものです。



現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ