fc2ブログ

記事一覧

うつ病対策


昨日は銀座に出て、昔、僕が部長になったとき新入社員として配属されてきたエヌ君と昼食をした。
彼が部長に昇格したので、そのお祝いだった。

大きなクライアント担当で、派遣の人も入れて15名ばかりの所帯だそうだ。

これは大変だなと感じた。

僕が社長をしていた会社は大体20%くらいが「うつ」状態だった。
これは管理者の一番頭の痛い問題だった。
「うつ」は人間は、動物として生きるアドレナリン、ヒレトニンなどが不足すると言うが。原因は分からない。会社で直せる問題ではない。

中年の女性で優れたライターだった人。食べ残しを引き出しに入れたまま帰る。それが溜まっているとの苦情があった。オフィスではゴキブリとかネズミの問題がありこれは厳禁なのだが。本人に意識がなかった。

結婚したら直った。仕事も良く出来た。にこやかになった。

人は会社で長い時間過ごしているが、会社は個人に対して出来ることは少ないのだ。
組織は負の人間関係をつくるがその解決にはあまり頼りになる存在ではないのだ。

個人の心理の「うつ」は英語では「デプレッション」と言う、社会経済の不景気と同じである。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Shigeo Sugawa

Author:Shigeo Sugawa
日本の武器兵器史の研究者、陸上自衛隊武器学校資料館アドバイザー。
目まぐるしく変化する国際情勢、その中で日本が対応する未来への策、安全保障を政治、経済、社会、報道などを多角的に分析する。
また趣味の狩猟、渓流釣りと自然、環境問題。そしてアート、音楽、歴史など文化面をも・・・その思うところを紹介したい。


現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ