FC2ブログ

記事一覧

おふざけのデザートストーム作戦 「Three Kings] 戦争映画100選 その81



第一次イラク戦争、「ガルフ戦争」とか「デザートストーム」とも言われるが、これを題材にした映画は意外に少ない。この作品は1999年、David O Russell監督。モロッコにロケをして制作した。

第一次イラク戦争は、1990年(日本はまだバブルの頃だった)夏、イラクがクエートは地下で繋がっている自国の石油を「盗んでいる」とフセインがいちゃもんを付け侵攻したことに起因した。
「アラビアのロレンス」にもあったが、イスラム世界は他人のものは盗むが、その盗む行為への報復が異常である。井戸の水を飲んだだけで撃ち殺したりしていた。今でも窃盗犯の右手を切り落とす処刑があるそうだ。

この映画「スリーキングズ」は1991年1月に始まり2月末に終結した第一次イラク戦争の直後、
イラクがクエートから「盗んだ」、膨大な金塊をかすめようとする3人のアメリカ軍将兵を主人公とした
荒唐無稽な娯楽映画だ。

実際、戦争にはアメリカ軍をはじめ50万人の兵力が、海からのミサイル攻撃、空爆でイラク国内の軍事施設を徹底的に叩き、2月23日にイラク国内に侵攻し、「アメリカ史上最も効率的な戦争」と言われていた。
しかしフセイン体制はそのままだったので、昨年の第二次イラク戦争そして現在の混乱に引き続いているから、本当に「効率的」であったかは、疑問だ。
だが、大量の在庫があった艦艇から発射するミサイルや、空対地ミサイル、爆弾などを消費したので、
新しい在庫に替えることが出来たメリットはあっただろう。

さて、ジョージ・クルーニーのアンチ・ゲイト少佐、マーク・ホールバーグのトロイ・バーロー曹長、
アイス・キューブのチーフ・エリジン軍曹の3人は、イラク国内の秘密の地図(まったく「宝島」の
プロット)を得て、クエートからイラクが奪った膨大な金塊の隠し場所を突き止めて、これを攻撃し
かすめとった。
しかし、イラク秘密警察軍に追われ、化学兵器攻撃を受けて、地下に隠れていたクルド人達に助けられた。
勿論、話はこの3人が金塊を持って帰れるはずはなかった。そこはちゃんとしたおちがあったのだが、
この3人の組み合わせがとても魅力的だった。ユダヤ人のバーローは徹底的にやられたが、イラク秘密警察軍がクエートから持ち帰ったおびただしい携帯電話からアメリカの家に電話して助けを頼んだ。
ちゃんとスパイク・ジョーズも出てきた。

ラッセルは2004年、第二次イラク戦争を題材として「Soldiers Pay]と言う作品を監督した。
なんでも戦闘に参加した兵士のインタビュー映画らしいが、これはおふざけものではないようだ。
アフガン戦争、そして現在も続いている、第二次イラク戦闘とその後始末、どんな映画がこれから出てくるか、楽しみだ。実戦ではドラゴンとかミニミとか、小火器系でも面白い兵器の登場があった。

画像はdesert storm.comとDVDパッケージ

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

japaneseweapons

Author:japaneseweapons
日本の武器兵器研究、火縄銃から軍用銃までと多岐にわたり、 また急激に変化がある国際状況、日本の安全保障と外交を 論じる。



刀,弓,槍,薙刀,甲冑,鎧,火縄銃,軍用銃,機関銃など日本の武器や兵器に関する須川薫雄の研究を紹介はここ:
日本の武器兵器.JP


スポーツアンティークは、スポーツ用品や玩具、江戸期からの日本の食器、家具また、合法的な武具・火縄銃や軍装備品もマニアの方々に用意しております。米・日で約40年間に渡り仕入れたものです。



現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ