FC2ブログ

記事一覧

23歳だった「撃墜王アフリカの星」 戦争映画100選挙 その100




戦後それほど経ってないない1957年製作、ドイツ映画だ。監督Alfred Weidenmann。
筆者は10代の頃、2回見ており、最近また見直した。
原題は[Der Stern von Afrika]、主役のハンス・ヨアヒル・マルセイユ(Joachin Hansen)は1939年、空軍の操縦候補生としてメシュターシュミットMe109の訓練に励んでいた。
1941年夏、「バトル・オブ・ブリテン」に参加した。
同僚のロベルト・フランケ少尉夫妻と同じ集合住宅に住んでいて、同じ学校に通い、同じ部隊で戦っていた。フランケ少尉は候補生時代、問題を起こすハンスを何かとかばってくれた。
ハンスは航法訓練でアウトバーンに着陸し、農民に位置を聞いたなど処罰対象になったからだ。彼らは北アフリカに移動し、そこで「ロイヤルエアーフォース」のスピットファイアー、ハリケーン、
アメリカ製P-40と戦った。

ハンスは1942年2月までに50機撃墜少尉に任官し、その後総計158機の撃墜記録を持ち、各種の勲章を授与された。
戦闘機操縦士は、優れた操縦能力、射撃の勘、そして仲間の協力がないと生き残れない。彼の元に来たクレイン操縦士は、次の日に戦死した。司令部の老大尉は戦闘機操縦士の死は息子達の
死ととらえていた。当時の第一線の操縦士の命は3ヶ月と言われていた。ハンスも仲間の死に悩む。

パリのホテルロビーであった老人が、若い操縦士達を見て「恐ろしいことだ。この老人のほうが長生きするのだから」とつぶやくシーンが印象的だった。

この映画の音楽はクレインが持ってきたSP版、ルンバで、映画公開当時、ラジオからしょっちゅう流れていたのを思い出した。

Me109はドイツルフトバッフェの主力戦闘機で、33000-35000機くらいが生産された。
スイス、スペインに輸出されて、スペインではイスパノ型としてライセンス生産され両国では1960年代まで飛行していた。この映画もスペインの機材を使用したそうだ。
撃墜シーンがいまひとつ迫力なかったが、実機を10機の単位で飛ばしていて、操縦士達のテント生活も
よく描かれていた。

ハンスは表彰のためベルリンに行き、そこで出会った教師の女性ブリギッチと恋におちいり、ローマ、そしてイタリアの田舎でしばし一緒に過ごした。
しかしまた北アフリカに戻り、事故死した。まだ23歳だった。

ドイツには東部戦線に300機以上撃墜の記録を持った撃墜王、エンリッヒ・ハルトマン少佐(10年の
シベリア抑留の後帰国できた)、ゲルハルト・バクルク少佐など、100機以上の撃墜記録を保持する
操縦士は107人いた。日本の坂井三郎氏は64機。
ハンスは性能の落ちるソ連機ではなく、英米機を相手にしていたのと、容貌が良かったので、軍がプロパガンダに使ったのだろう。
ドイツは第一次大戦後、航空機軍備を禁止されていたので、学生にグライダー訓練を行い、そこから
優秀な操縦士を選抜していた。

Me109は約1500馬力の水冷発動機を備え、武装は13mmが2挺、20mm1挺と強力で、主脚が「ハ」の字型で外側に開いて収納された。だが航続距離が650kmと短くて、局地戦闘機の感があった。

画像はMe109、ハンス・ヨアヒル・マルセイユ、そしてDVDパッケージ

スポンサーサイト



コメント

No title

精力的に書き込みをする姿勢はご立派ですが、もう少し時間を取って推敲してみては?半可通の自分が見ても解る様な記載ミスが結構目立ちますので・・・。メッサーシュミットに関してはBf109、もしくはMe109です。

No title

ご指摘ありがとうございました。筆者も自分で操縦免許と持っておりますが、正直、武装以外は航空機はあまり専門ではありません。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

japaneseweapons

Author:japaneseweapons
日本の武器兵器研究、火縄銃から軍用銃までと多岐にわたり、 また急激に変化がある国際状況、日本の安全保障と外交を 論じる。



刀,弓,槍,薙刀,甲冑,鎧,火縄銃,軍用銃,機関銃など日本の武器や兵器に関する須川薫雄の研究を紹介はここ:
日本の武器兵器.JP


スポーツアンティークは、スポーツ用品や玩具、江戸期からの日本の食器、家具また、合法的な武具・火縄銃や軍装備品もマニアの方々に用意しております。米・日で約40年間に渡り仕入れたものです。



現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ