FC2ブログ

記事一覧

Kー1と言う格闘技


一昨日の夜、代々木で、会社の後輩、大渡が出た試合を観に行った話しは書いた。

ワールドマック、日本代表を決める当日トーナメントなので、間に入れる試合も含め、10数試合を
最期まで5時間、3列目の客席で見た。

音と花火、光、煙、、ラップのような慣れない音楽、など演出にはボクシングファンの私としては悩まされた。最期には拷問のようだったが。ショー的要素が大きいから仕方がないが。
馬の間に地球が出てくるというすごい舞台。

コスプレの男の子の踊りと歌も。

しかし、これだけ試合を観ると、勉強になった。
また、当日チャンピオンが決まると言う緊張感から多くの試合は良かった。3分3Rも選手は最初からピッチを上げた。
レフリー、ジャジの採点も概ね公平だった。

気がついたのは、脚を使うので間合いは違うが、相手を倒すチャンスは限りなくボクシングに近いと言うことだった。
やはりストレート、私が中学生の頃から使っていた、冗談、が殆どのダウンを奪ったのではないか。

逆にボクサーがKー1に行くなら、脚より間合いを練習したほうが良い。脚が使えなくなるほどに近づけばフックもありえる。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

japaneseweapons

Author:japaneseweapons
日本の武器兵器研究、火縄銃から軍用銃までと多岐にわたり、 また急激に変化がある国際状況、日本の安全保障と外交を 論じる。



刀,弓,槍,薙刀,甲冑,鎧,火縄銃,軍用銃,機関銃など日本の武器や兵器に関する須川薫雄の研究を紹介はここ:
日本の武器兵器.JP


スポーツアンティークは、スポーツ用品や玩具、江戸期からの日本の食器、家具また、合法的な武具・火縄銃や軍装備品もマニアの方々に用意しております。米・日で約40年間に渡り仕入れたものです。



現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ