FC2ブログ

記事一覧

小沢一郎はまともなことを言い、麻生さんは正しく評価された。


初めて小沢君がまともなことを言った。「第7艦隊だけで良い」と。

『憲法を改正』し、日本の防衛力を抜本的に見直せと言う意味だろう。
これはまともだ。是非、政治家なら言い続けて、実行して欲しい。膨大な防衛費は掛かるだろうが、集団安全保障に頼らずと言う布石だ。
初めて、「戦える国」戦う国ではない、に成れる。
言うなら、日本も第7艦隊に替わり「連合艦隊」をもてと。

麻生さんは北朝鮮から「大東亜共栄圏を唱える帝国主義者」と言われた。
北朝鮮に褒められたら、本当にオワリだが、最期で踏みとどまった。
「良い評価だ。」
確かにブッシュ政権は最期に6日国協議を投げ出した。ヒル氏は左遷、イラク大使。
北の核を曖昧にしてしまったからだ。麻生さんはこれをワシントンポストに苦言した。偉い。

国内は世相が悪くなり、国際的に東アジアは不安定になる。
だから国の安全保障は、生活のためと言う認識、左翼もこれなら文句は言えまい。

日米同盟があるから食料、材料、燃料が入り、モノを輸出できている。日本は地上からはどこにも出れない国だからだ。

スポンサーサイト



コメント

No title

この発言、今朝の全国紙が批判していますね。
彼の安全保障論はわかりにくいです。

平和協力国連中心で自衛隊と別組織の国連部隊(?)をつくれとか、アフガニスタンでの国際治安支援部隊への参加を実現したい、といいながらテロ特措法は憲法違反だという。
本音と党利党略がないまぜになっているのでしょうが。

緊急展開に米軍もシフトしているので、極東に多数の軍を張り付かせておく必要は低くなってきていることを踏まえての発言なら、一理あると思うが・・・。
いくら費用負担が減っても、米軍が撤退するのは不安で仕方がない。
こんなところが日(・韓)の本音でしょうか。

No title

小沢クンは戦争音痴だと思います。歴史とか、兵器とか、現実を勉強しないと。米が世界的にやっていること、情報収集分析、それを
このへんだけ除けと言うのも非現実的だし。軍隊は兵站も含め、様々な要素で成立しているのです。マリンコも元は艦艇が係留されている時、地上からの攻撃から守るために設立された兵力ですし。

No title

60年間、誰も戦で殺していないのが、この国の誇りという評価もあるが。
自らの努力というより、これは島国という地政学的位置と大国間のパワーの均衡が、たまたまもたらした僥倖に過ぎない。

次の政権をとるのかどうか知れないが、小沢氏の識見が試されるところです。いや、半島で発射準備中という不気味な動きがブラフでなければ、交代を待たず今の政権の能力が試されるが・・・。

No title

その通りだと思います。小沢クンの軍事音痴は、全ての国民に言えることでしょう。この国の安全保障を真剣に考える、意識を持つ、こんな呑気な国はないでしょうね。

No title

小沢氏が述べたことは見識だと思いますね。少なくとも理屈としてはツジツマは合っています。

ただ、足もとの民主党内をまとめられるかです。何しろ非武装一点張りの旧社会系が多数を占めていますから。

No title

大衆個々人の平和ボケは、私個人はあまり心配していません。
たとえば実際の動員まで、あと5ヶ月になった裁判員制度。
プロの法曹ですらPTSDにかかる、という刑事裁判にドラフト制で判断権をゆだねられるなど。被告の生き死にに市民がかかわる。
こうしたショック療法のような経験を通して、大衆の危機意識は「覚醒」するのではないか。

正直、私個人も上限年齢なしの選抜徴兵のようで心の準備はない。

No title

>被告の生き死にに市民がかかわる。

殺人罪であれば被告の生き死にの前に、被害者の死があるのでしたな。

言葉足らずでした。裁判も軍事も人の生死にかかわる、厳粛なことです。

No title

生命の価値ほど、この60余年間で、極端から這い登ったものはありません。これは大切しなければ。どう大切にするか、が「反戦」だけでは、解決しない。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

japaneseweapons

Author:japaneseweapons
日本の武器兵器研究、火縄銃から軍用銃までと多岐にわたり、 また急激に変化がある国際状況、日本の安全保障と外交を 論じる。



刀,弓,槍,薙刀,甲冑,鎧,火縄銃,軍用銃,機関銃など日本の武器や兵器に関する須川薫雄の研究を紹介はここ:
日本の武器兵器.JP


スポーツアンティークは、スポーツ用品や玩具、江戸期からの日本の食器、家具また、合法的な武具・火縄銃や軍装備品もマニアの方々に用意しております。米・日で約40年間に渡り仕入れたものです。



現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ