FC2ブログ

記事一覧

ライフルマン(アメリカン)


「アメリカンライフルマン」はナショナルライフルアソシエーション(NRA)の機関誌だ。月間で発行されており、NRAメンバーに送られる。まさしくアメリカの銃社会を象徴する存在だ。
最近、内容が充実してきた。特集記事も良い。NRAは共和党系の団体でブッシュ大統領を支持している。クリントンの時代には銃規制で締め付けられて、銃器産業は相当痛手を受けた。民主党は弁護士出身が多く、弁護士が犯罪で使われた銃器メーカーを狙い撃ちにした訴訟を起こし、多くのアメリカの銃器メーカーは産業から撤退した。この写真の前の号にはベレッタ(イタリアの銃器会社)製のコルトピースメーカーが紹介されていた。かっては日本の兵器に関する実験データなどの記事もあり、三八式歩兵銃へ
装薬を増量しての強度検査の記事が掲載されたこともあった。
この写真の号は、第一次大戦の英雄ヨーク軍曹(ゲーリー・クーパー主演で映画化された)の特集だ。
ヨーク軍曹は南部の農民だったが、射撃が上手で、第一次大戦に参戦し、狙撃手としてドイツ軍の機関銃座を幾つも攻略した兵士で有名だ。
NRAは「 a Right of the People],憲法第2条はアメリカ政府法務省が、銃の所持は国民の権利として認めていると、言う立場を取っている。確かにアメリカ独立は、当時の住民、個人が各々銃を所持し、
武装していなければ達成できなかったのも事実であろう。
写真は[American Rifleman]2005年3月号

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

japaneseweapons

Author:japaneseweapons
日本の武器兵器研究、火縄銃から軍用銃までと多岐にわたり、 また急激に変化がある国際状況、日本の安全保障と外交を 論じる。



刀,弓,槍,薙刀,甲冑,鎧,火縄銃,軍用銃,機関銃など日本の武器や兵器に関する須川薫雄の研究を紹介はここ:
日本の武器兵器.JP


スポーツアンティークは、スポーツ用品や玩具、江戸期からの日本の食器、家具また、合法的な武具・火縄銃や軍装備品もマニアの方々に用意しております。米・日で約40年間に渡り仕入れたものです。



現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ