FC2ブログ

記事一覧

鈴木 眞哉著「戦国鉄砲・傭兵隊」


平凡社新書2006年刊で、前から読みたかったが昨日、書店にあった。

鈴木氏は「雑賀」(さいか)の研究家で、当時の雑賀の規模を知りたかった。
地域としては今の和歌山市の一部だけではなく、市全体から海南市までの土豪の集まりだったと。

「日本の火縄銃2」にも「紀州の鉄砲」と言う欄で、鉄砲やカラクリの特徴、地域の特殊性について書いた。

この本のなかにも「信長公記」からの引用で、信長の1570年の三好党攻撃に、「根来・雑賀・湯川・紀伊の国奥郡」の衆2万ばかり鉄砲3000挺これあるゆえ」とある部分を紹介していた。
傭兵としての出稼ぎだ。

この「湯川」今は何でもない温泉地だが、祖父が家を持っていたので、小学生のころ、夏休みを過ごした。湾で水泳や釣りも覚えた。
今でも従兄弟たちが近くにおり、田から湧き出る温泉をもっている。

あんなところにも戦国の「鉄砲集団」がいたのか。

祖父が出来銃砲店で購入した水平2連をもって山間の田に連れて行ってくれた。あぜを歩く時に何かを
掴んで投げたので、「何?」と聞いたら「蛇や」と答えた。一番奥に行って数発発射して帰ってきたが、夏になんであんなことをしたのであろうか。

高校生のころ、伯父が湯川の谷に小さなクレー射場を作り、照明をつけて毎晩撃ちにいった。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

japaneseweapons

Author:japaneseweapons
日本の武器兵器研究、火縄銃から軍用銃までと多岐にわたり、 また急激に変化がある国際状況、日本の安全保障と外交を 論じる。



刀,弓,槍,薙刀,甲冑,鎧,火縄銃,軍用銃,機関銃など日本の武器や兵器に関する須川薫雄の研究を紹介はここ:
日本の武器兵器.JP


スポーツアンティークは、スポーツ用品や玩具、江戸期からの日本の食器、家具また、合法的な武具・火縄銃や軍装備品もマニアの方々に用意しております。米・日で約40年間に渡り仕入れたものです。



現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ